逃げる路地猫


立川市の猫

 朝、玄関から外に出た瞬間に「涼しい!」と思って、あとから調べたら約24℃とそうでもなかった。日陰だったのと、北風が吹いていたからかも知れない。
 多少涼しいと感じても、歩いていれば日なたにも出るし、やはりまだ快適散歩とは行かない。今朝は西立川から茶猫タウン経由で立川まで歩いたが、思ったほど猫には会えなかった。目星を付けていた場所が、夏祭りの山車置き場などに使われていて、いるべき猫が引っ込んでしまっていたのも理由の一つだ。
 いつも通り6:20に家を出てすぐ、逆光の路地に麦わら1号がいた。
昭島市の猫

 細い路地に佇む猫は絵になるが、近寄るためには一直線に進むしかなく、猫には最悪のアプローチなので、たいてい逃げられる。次に会ったのは、西立川の人懐っこい茶トラ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 派手にごろごろすりすりするのではなく、近くに寄ってきて落ち着くタイプ。何度もケガして痛い思いをしているのに、人懐っこさを失わないのだから、普段よほど可愛がられているんだろうな。
昭島市の猫

 なお、相方の巨大黒猫は不在だった。
昭島市の猫

 美人さんの妹はいるかなと思って駐輪場に寄ってみたら、今日は黒白がいた。最近妹に会ってないなー。
立川市の猫

 俺が会いたがってたって伝えといてよ。
立川市の猫

立川市の猫

 電柱の向こうからこちらを見つめる黒白発見。実は俺の横で婆さんが飼い猫にご飯を出しているところで、そのおこぼれを狙っているらしい。
立川市の猫

 今日の最後も路地の猫。麦わら1号と同様、一直線に向かって行ったら呆気なく逃げられた。600mmぐらいのレンズでもあればいいけど、通勤でそんなもの持って歩けん。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP