突然ですが


和光市の猫

 以前から出していた転属願いがようやく承認され、今月いっぱいで今の部署を離れることになった。うちの会社は中小のくせに体質が銀行や官公庁のノリで、直前にならないと異動の内示が出ない。以前はデスクの前後左右に猫好きの上司が並んでいたので、喫煙所の談話レベルで色んな動きを知ることができたが、離れ小島にいると、そういう情報がぜんぜん耳に入ってこない。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、そんなわけで、和光に通うのは日勤2回と夜勤1回を残すだけとなった。この街で知り合った猫も何匹かいるが、仮の名前をつけなかったのは、もともと長くいるつもりはなく、あまり入れ込むと別離が辛くなるからだ。とはいえ異動してきた当初は、散歩しにくい勤務シフトの中、何度もお世話になったのもいるから、離任の挨拶ぐらいはしておきたい。あと3回でどれだけの子に会えるだろうか。
 それでは今日の本題。曇り空で寒かったせいか、夜勤明けの散歩は絶不調で、見かけた猫は2匹に留まった。
和光市の猫

和光市の猫

 1匹目は職場の近くで見かけた大きなキジ白。呼ぶと愛くるしい声で返事するんだが、近寄ると離れてしまう。
和光市の猫

 もう1匹は地元に帰ってきてから。高みで寛ぐお尻発見。
昭島市の猫

 あれはこの辺りで時々見かける長毛キジ白だな。古くからの顔馴染みなので、後ろ姿で分かる。
昭島市の猫

 寝ているかと思ったら起きていた。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 稲城市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 羽村市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP