南武線猫行脚21(稲城長沼→南多摩)


稲城市の猫

 東京を直撃しそうな台風18号のあとを追うようにして、19号がそれに続いている。18号が最接近すると思われる明後日の午後は夜勤明けで、これはもう猫とか言ってないでさっさと帰って来た方がいいだろう(俺のことだから分かんないけど)。デジタル台風を確認したところ、その次の19号が同じコースを辿ったとしても、東京に近づくのは1週間後ぐらいになりそうなので、今日慌てて洗濯することはなかったかも知れない。
 明朝から台風が通り過ぎるまで雨が続くようなので、今日の猫関係業務は、朝のうちに南武線の猫行脚を一コマ進めて来た。できれば7時ぐらいから散歩を始めて、早めに家に帰って洗濯したかったが、曇っていて暗かったため、稲城長沼をスタートしたのは8時ちょうど。まずは何度か訪れたことのある猫庭に寄ってみた。
稲城市の猫

 8月末に会ったばかりの黒白だね。
稲城市の猫

 ……と、現場では思っていたけど、家に帰って確認したら違ってた。こないだ会った黒白には鼻の頭の黒ポチがなかった。じゃあこいつは初めてかと思ってさらに調べたら、1年前に会っていた。鉢割れ黒白は覚え切れん。
稲城市の猫

 民家の濡れ縁に白発見。
稲城市の猫

稲城市の猫

 たぶんこいつも2回目で、初めて会ったのは去年のクリスマス・イブの朝。ただ、なにぶん白猫なので、本当に同一人物かどうか自信ない。
稲城市の猫

 最初の2匹は顔見知りに頼ったが、その後はほぼ初めて歩くコース。山の上の住宅街に向けて坂道を登っていると、民家のガレージからこちらを眺めているのがいた。
稲城市の猫

 きれいな毛並みの鼻黒。ご飯を待っているのかな。
稲城市の猫

稲城市の猫

 草むらでこちらを警戒するサバトラ。5分ほどかけて慎重に近寄って、ようやく撮った写真。
稲城市の猫

稲城市の猫

 曇り空の下の薄色はとても分かりにくい。左下の植え込みにいるんだけど……。
稲城市の猫

 くたびれた駐輪場で、くたびれたキジ白が丸くなっていた。
稲城市の猫

 「風邪がひどいのでね。でもお陰さまで衣食住は足りているんだよ」
稲城市の猫

 そうか。お腹が空くのは辛いもんな。
稲城市の猫

稲城市の猫

 その近くには荒れた遊歩道があって、来る時は誰もいなかったのに、キジ白と別れて街道に戻ろうとしたら、いつの間にか茶トラ白が佇んでいた。
稲城市の猫

 こんなところで何してるの?
稲城市の猫

 「ご飯を待ってるに決まってるだろ。お前の分はないけどな」
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  4. 小金井市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP