二股尻尾の観察


立川市の猫

 金魚が全滅してしまった。何日か前にたまたま1日半ほど餌を切らしていたんだが、ちょうどそのころから食欲がなくなっていたらしくて、病気に気づくのが遅れてしまった。昨日の朝から薬浴させていたが間に合わなかった。4年も頑張って生きたのに済まないことしたな。
 今朝の猫関係業務は、1時間半ほど早く家を出て青梅線を下ってみた。少しずつではあるが、朝夕の風が涼しくなってきた気がするので、この調子で早いとこ秋になってくれればな。
 最初の猫は駅前猫。最近この辺りで小規模な工事をしていたようなので、無事を確かめに来てみた。
羽村市の猫

 朝の光でサバトラが金色に見えるね。
羽村市の猫

 15分ほどかけて多摩川の近くまで下りてきた。原っぱにぽつねんとした物体を発見。
羽村市の猫

 物音を立てずにゆっくりと近寄るのが難しい場所だったので、少しだけ逃げられて土手の上に移動。
羽村市の猫

「ん?」
羽村市の猫

 わっ、いきなりカメラ見切って白が現れた。キジトラ被っちゃって見えないんですけど。
羽村市の猫

「キジトラが見えないなら白をお撮りになったらよろしいんじゃなくて?」
羽村市の猫

 台詞回しが新劇調になってきたなと思いつつ、土手に沿って歩いていると、前方からさっきとは別の白が現れた。
羽村市の猫

羽村市の猫

 河原を引き上げて駅に向かって歩いていると、塀の上に猫型のシルエットを見つけた。
羽村市の猫

 もう少し近づいてみよう。
羽村市の猫

羽村市の猫

 固まっているうちにもう1枚。
羽村市の猫

 仕事のあと、会社近くの猫駐車場でぶらぶらしていたら、車の間に七三ファミリーの爺さんを見つけた。今となっては三毛子の夫だが、猫関係が錯綜してきているので、名前はそのままということで。
立川市の猫

立川市の猫

 車の下から子供Bも現れた。ちょうど良かった、尻尾見せてよ。
立川市の猫

 二股の片方だけ長いので見た目だとはっきりしないが、触らせてくれたので確認できた。やっぱりこの子は二股尻尾。割れた尻尾はそれぞれ別々に動かせるらしい。不思議だねえ。
立川市の猫

 尻尾の観察をしている間に暗くなってきたので帰途についたが、近くの植え込みで三毛子(と七三爺さん)の子供たちが遊んでいたので、ダメ元で撮ってみた。
立川市の猫

立川市の猫

 顔はあんまりお母さん似じゃないね。七三爺さんに似ているかどうかは分かんない。あいつメタボだから。
立川市の猫

 今日は駅前でラーメンを食べて帰った。いつもご苦労様。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 江東区の猫
  3. 国立市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 枋寮郷の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP