どんぐりはどこへ


多摩市の猫

 夜勤明けの猫散歩で、六花咪の住む谷戸の公園に立ち寄ったら、ちょうどご飯の時間だったようで、近所の人が来て猫たちに水とカリカリを与えていた。軽く挨拶を交わしたあと、猫たちの事情を教えてもらったところ、人懐っこい六花咪にはかつて里親が現れて、引き取られて行ったことがあったが、先住猫に怯えてしまって手がつけられず、飼育を断念したことがあったそうだ。いくら同じ種とはいっても、生い立ちの異なる個体を無造作に一緒にしても、上手く行かないことの方が多い。人間社会でもそっくりそのまま同じことが言えるなあと思った。
 短い猫談義の中で、かつて近所に住んでいた黒猫の話が出て、よくよく聞いたら、以前時々見かけていた2匹のことだった。
 「インターネットに動画を載せた方がいて、夫婦って書かれていたようだけど、あれは親子なんですよ」
 「あ、それ私かも……」
 「あらま」
 3年ほど前に何度か会った親子猫は、その後ぱったり見なくなって心配していたが、現在はどちらも安住の地を見つけたとのこと。一方、以前谷戸の公園で見かけていた、くたびれたキジ白(六花咪ではない方)は、しばらく前に体調を崩し、最期は病院で看取られて死んだそうだ。俺はただ単に見かけた猫を撫でて、写真を撮るだけの日々なので、彼らの消息を知ることができるのはありがたい。
多摩市の猫

 今日の六花咪。お腹を空かせて鳴き続けていたのか、声が枯れていた。
多摩市の猫

 黒白もでかい声で鳴いている。例年ならそろそろどんぐりの絨緞ができる季節なのに、今年はスカスカだねえ。
多摩市の猫

 「そんなものじゃお腹は満たせませんよ」
多摩市の猫

多摩市の猫

多摩市の猫

 どんぐりがないというのは、自然界では割と重大なことだと思うんだが、イエネコの暮らしには影響がないようだ。
多摩市の猫

 かつての多摩村から由木村へ抜ける峠道を越え……、
八王子市の猫

 途中、木漏れ日に憩う茶トラ白などを見かけ……、
八王子市の猫

 たどり着いたのは定点の猫ポイント。はるか彼方に転がる猫発見。
八王子市の猫

 お澄まししちゃった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 テコでもどかないキジトラ。縄張りは大切だよな。
八王子市の猫

 裏路地から表側に回ると、ここにも1匹いた。たぶんさっきのとは顔見知り。
八王子市の猫

八王子市の猫

 嗚呼、風前の灯……。
八王子市の猫

八王子市の猫

 猫区画を一回りしていると、都合よく2匹の猫が出てきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 小白斑はそそくさと逃亡。大白斑は鼻に傷なんかあって強そうだ。
八王子市の猫

 明日から5日間の台湾猫旅に出る。記事は事前に用意してあり、予約投稿で毎日18時に公開するのでお楽しみに。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 三浦市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  2. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  7. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  8. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP