竹輪を寄越せと鳴くサチコ


昭島市の猫

 昨日、おでんを煮ようとして準備していたら、床に落とした竹輪をサチコに奪われた。その時の素早さといったら野生のネコ科動物そのもので、何とか取り返そうとしたものの、3分の2ほどはサチコの胃袋に収まってしまった。
 たかが竹輪一本とはいえ、今のサチコにそういうものを食べさせたら、味をしめて、ほかのものを食べなくなってしまう。案の定、今朝も朝早くから叩き起こされて、サチコは台所の前に張り付いたまま離れない。山盛りのカリカリには見向きもせずに鳴き続けている。
 さて、今日の夜勤は月で最も忙しく、朝から雨も降っていることなので、猫散歩はお休みして、昨日の続きを載せることにする。
 ベロ出し茶トラ白のあと、市境を越えて薄色の猫民家にやって来ると、カバーのかかった車の上で、2匹の猫が寛いでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「薄色の猫民家」と呼ぶのは、ここに薄色の遺伝子型ddを持った猫が多いから(こちらこちら)。たまに見る毛色ではあるけど、交配の段階で優性遺伝子Dが一つ混じれば発現しないので、複数まとめて薄色なのは割と珍しい。こいつのような普通のキジトラや黒白などもいる家なので、余計そう思う。
昭島市の猫

 肝腎の薄色は目つきが逃げる気まんまん。
昭島市の猫

 引き続きその辺の猫路地をぶらぶらしていると、天下を睥睨する猫発見。分かるかな。
昭島市の猫

 ほらいた。
昭島市の猫

 バルコニーの欄干が望楼代わり。周囲に高い建物がないから、さぞかし眺めがいいんだろうな。
昭島市の猫

 同じ猫路地でもう1匹。恰幅の良い茶トラがいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 線路をくぐって駅の南側に回ってきた。アパートの廊下で寛いでいるね。
昭島市の猫

 近寄ったら逃走準備に入った茶トラ白。この辺りは多摩川の河岸段丘になっていて、我が家と同様、西向きの眺望のいい家が多い。天気が良ければ富士山も見える。
昭島市の猫

 この日唯一の日なた写真。日が差したのはほんの数秒だった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 民家の敷地からこちらを伺う猫発見。
昭島市の猫

 耳がイカ。写真を撮りに来ただけだから、怖がらないでおくれよ。
昭島市の猫

 写真に写ったカープミラーを左に曲がれば、以前住んでいた家がある。住んでいた時は屋根まで登ってくるのもいたぐらいだけど、引っ越したあとは、猫自体あんまり見かけなくなった。
昭島市の猫

 そんな話興味ないですか……。
昭島市の猫

 リハビリがてらの軽めの散歩のつもりだったが、家を出てから2時間近く経ってしまった。近所のコンビニで食料品を買い込んで、自宅に向かっていると、庇の上にシャム混1号がいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 よほど機嫌が良くないと、わざわざ降りては来ないシャム混1号。この日もこちらを見下ろしたまま、にゃあにゃあ鳴くばかり。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 江東区の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.7.14

    お団子霜降り
  3. 立川市の猫

    2020.7.13

    寝床いろいろ
  4. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  5. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  6. 昭島市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP