線路端に2匹の黒白


福生市の猫

 今月初めから偏頭痛対策で鍼灸院に通っているんだが、仕事の休みが土日に当たることが多くて、なかなか行けずにいる。夜勤前や夜勤明けも含めれば、行く機会はかなり増えるんだけれども、それはちょっと疲れるので避けている。
 まだ2回しか行っていないので、効果のほどは分からない。ただ、鍼を打っている間は肩や首がとても楽だったし、頭痛も起こらなかった。時間を作って、ちゃんと通って、早いとこ頭痛から解放されたい。
 今日は朝のうち動けずにいたが、お昼すぎに回復してきたので、リハビリがてら近所を一回りしてきた。偏頭痛のあとは魂が抜けたようになって、歩くのもしんどいんだが、一日中だらだらして何もしないと、精神的に滅入ってしまう。悲しきサラリーマンは明日も容赦なく仕事なので、気持ちを上向きに切り替えないとならないんである。
 で、最初の猫は駅の北口で発見した。
昭島市の猫

 ここはかつて駅長がシマにしていた原っぱ。駅長がいなくなってからというもの、ここで猫を見ることは皆無だった。
昭島市の猫

 美味しいものをくれる人が現れたとしても、ここに常駐しようなんて考えちゃダメだよ。みんないなくなっちゃうんだから。
昭島市の猫

 ……というような説得を試みたが、鉄道柵を越えて線路に逃げてしまった。
昭島市の猫

 一見、上の写真の続きのように見えるけど、別の場所の別の猫。
福生市の猫

福生市の猫

 とても久しぶりな安全輸送猫。ずっと見なかったけど、元気そうで良かった。
福生市の猫

 無事なことが分かったので、貨物列車の運転日になったら、また来てみようかな。
福生市の猫

 貨物線の踏切を渡って、黒っぽい猫路地にやって来た。今日もつかず離れずだね。
福生市の猫

福生市の猫

 黒いのもう1匹追加。
福生市の猫

福生市の猫

 猫の表情って、まぶたの開き具合と瞳孔の大きさで決まると思う。黒猫はそれらが特に際立つから、ものすごく変化があって面白い。
福生市の猫

福生市の猫

 散歩の前半はベロ出しの茶トラ白まで。今日はたくさんの猫に会って、写真もたくさん撮ったので、後半は明日載せることにする。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 日光市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 東村山市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 国分寺市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  2. 小金井市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP