巨大都市・相模原(面積)


相模原市の猫

 昨日の夜勤は月で最も忙しい日だったので、出勤前の散歩はしたけどブログはお休みした。忙しいといっても、頭を使うようなのではなくて、単にクリッククリックするだけの簡単なお仕事なんだけれども、ケツが決まっているのと、頻繁に想定外の動きをしてくれちゃうのとで、いつも明け方になってから煽られる。
 そんなこんなで精根尽き果てて会社を出たのは9時半すぎ。冷え込みは厳しかったが天気は上々だったので、たぶん二度目となる多摩境~相模原というコースを歩いてみた。
 結果としては前半がガタガタ。私有地の奥の方で寝ているのを3匹ほどスルーして、ようやく気兼ねなく撮影できそうなのに遭遇したのは、出発から1時間20分後のことだった。夜勤明けにこんなことばかりしていたら死ぬ気がするので、来年からは少しセーブしないとな……。
相模原市の猫

 民家の玄関先で日に当たっていたのは、長毛の三毛。
相模原市の猫

 ぱっちりお目々の美人さん。
相模原市の猫

 1匹見つけると、そのあとは割とたやすい。長毛三毛の家から30mほど離れた家にも1匹いた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 近寄ろうとした途端に逃走したため、舌を鳴らしながら探していたら、向かいの家にいた。油断している間に1枚撮っとく。
相模原市の猫

 ……と思っていたけど、家に帰って確認したら、最初のキジ白とは別猫だった。鉢割れの形が少し違うし、ヒゲ袋の色斑も違っているね。
相模原市の猫

相模原市の猫

 次の猫は塀の奥の方にいた。手前左の三角ボックスが住まいなのかな。
相模原市の猫

 合理的な形だとは思うけど、ちょっと狭いんじゃないのかなあ。
相模原市の猫

 塀の陰から巡回中と思しきキジ白が現れた。
相模原市の猫

 「粘っこい視線を感じるわね」
相模原市の猫

 「私のことナンパしようっていうのかしら。困るわあ」
相模原市の猫

 「どきどき」
相模原市の猫

 2時間に渡る散歩のうち、今日の猫たちはすべて後半30分に集中していて、道路を横断中のキジ白に行き会った時には、腰が痛くてへろへろになっていた。冷え性な俺は寒いと膝・腰がからっきし。
相模原市の猫

相模原市の猫

 ……まあそんなことはどうでもいいんだが、民家の敷地に避難したキジ白を反対側で待っていたら、案の定出て来た。
相模原市の猫

 数年前に政令指定都市となった相模原市。今日の猫たちは相模原駅周辺に集中していたが、撮った写真にはビルの一つも写っていない。この街の中心駅はいったいどこなんだろう。
相模原市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP