背中を読め


国立市の猫

 昨日はつつがなく仕事を終えて19時半には帰宅したんだが、猫を撫でながら横になっていたらそのまま寝てしまって、気づいたら朝になっていた。どうも疲れが溜まっているようなので、今日の猫関係業務はお休みすることにした。昨日載せるつもりだった猫たちのほか、一昨日載せ忘れていた写真があったので、今日はそれらの紹介を。
 昨日も日勤で、家を出たのは6:20。駅に向かっていつもの路地に差しかかると、麦わら1号が散歩しているところだった。先日も見かけたばかりだが、鉄パイプが立っている部分は将来幹線道路になるので、この光景が見られるうちはいくらでも撮っておく。
昭島市の猫

 あんまり懐いてはくれないんだけれども……。
昭島市の猫

 この日はブアイソーズ公園に寄ってみた。手前の農地でキジトラに遭遇。
国立市の猫

国立市の猫

 「もしかして、君はあの魔窟に行くつもりなの?」
国立市の猫

 「もし無事に戻ってこられたら、どんな様子だったか教えてくれよ。時々とてもいい匂いがしてくるんだ」
国立市の猫

 魔窟の様子。
国立市の猫

国立市の猫

 「誰かと思ったら手ぶら野郎か」
国立市の猫

 歓迎されていない空気が充満しているな。
国立市の猫

 「……」
国立市の猫

 夏ダイヤで自宅を6:20に出るようになると、ご飯の婆さんより俺の方が早く到着する。ご飯待ちのブアイソーズは猫グラファーの相手をする気などさらさらない。ちなみに食べ終わったあともさらさらない。
国立市の猫

 「僕はこの中では紳士で通っているから、目線ぐらいはあげてもいいよ」
国立市の猫

国立市の猫

 ブアイソーズ公園のあとはぼちぼち。草むらに佇むキジトラを発見。
国立市の猫

国立市の猫

 死角にも黒白がいた。
国立市の猫

 食事中のところ悪いけど、食べ終えるのを待っている時間はないので、1枚撮らせてもらうよ。
国立市の猫

 最後の2枚は、一昨日の朝撮って載せ忘れていた写真。唐木田から急ぎ足で会社に向かっている途中、窓辺に並んだ置物が視界の隅に入ってきた。
多摩市の猫

 置物にしては不自然にでかいと思ってよく見たら、本物の猫だった。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 中央区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  2. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  7. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  8. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP