黒白日和


立川市の猫

 「雪やこんこ」のイメージがあるせいか、雪の野原を駆け回るのは犬で、猫はこたつから出てこないと思っている人が多いようだが、実はそうでもなかったりする。積もった雪の上を走り回ったり、あるいはしんしんと降り続く雪を飽きもせずに眺めていたりと、猫は意外に雪が好きだ。昨日もそんな情景に巡り合えたらと思っていたが、朝のうちは雨だったし、日中降り続いていた雪はちっとも積もらないし、肩すかしを食った気分だった。
 そして、今日の天気は一転して晴れ。雲は多かったが日差しが強くて暖かく、いい気分で西国立から矢川までの散歩を楽しんだ。
 怒りんぼさんには相変わらず会えない路地で、イケメン黒白がお昼寝中。
立川市の猫

 ……かと思ったら、耳がしっかりこちら向き。とっくにバレていた。
立川市の猫

 一応呼んでみたけど、面倒くさそうにあしらわれてしまった。
立川市の猫

 路地を抜けたところにも1匹。
立川市の猫

 カメラを構えたら、微妙に車の下に隠れてしまった。毛繕い中のところ済みませんね。
立川市の猫

立川市の猫

 安楽椅子の上にはオッドアイ。今日は初っ端から黒白が続くな。
立川市の猫

 この子の尻尾は先っぽだけが黒くなっている。普通の白斑は、どんなに大きくても、尻尾には及ばないはず。この子の白斑遺伝子は、一般的に知られているS遺伝子とは違うのかも知れない。
立川市の猫

 ブアイソーズ公園に寄ってみた。ここに猫が集うのは朝夕ぐらいで、日中は大方ねぐらで寝ているんだが、今日は黒白が1匹残っていた。
国立市の猫

国立市の猫

 ブアイソーズは無愛想。いくら呼んでもベンチの下から出てこない。
国立市の猫

 また黒白だー。今日はホントに黒白デーだなー。
国立市の猫

国立市の猫

 近寄ったら後ずさり。俺の前に、通りがかりのお姉さんに撫でられていたはずなんだけど……。
国立市の猫

 「さっきの人は、そんな大きな目玉じゃなかったもの」
国立市の猫

 この家は猫たちの拠点になっていて、黒白じゃないのも当然いる。
国立市の猫

 去年11月の南武線猫行脚の時にも会った子たち。みんな元気そうだね。
国立市の猫

 草むらから猫の鳴き声が聞こえた。声の主は長毛キジ白。
国立市の猫

 こちらを見つめてにゃあにゃあ鳴いている。かといって人懐っこいわけではなく、近寄ったら茂みに隠れてしまった。
国立市の猫

国立市の猫

 民家の庭でちょこんとしていたのは、またまた黒白。
国立市の猫

 確かに俺の散歩コースでいちばん見かけるのは黒白だけど、今日は特に多かった。ちなみに、野生型のキジトラに対して、黒白は二つの遺伝子が変異している。一つはアグチ遺伝子(A遺伝子)が劣性のaaになっている点。その結果、褐色を生じるフェオメラニンが作られなくなり、キジトラの毛色から褐色が抜けて黒だけ、つまり黒猫になる。もう一つは、白斑遺伝子(S遺伝子)が優性のS-になっている点。その結果、黒猫に白斑が生じて黒白となる。俺がこの毛色の猫を「白黒」ではなく「黒白」と呼ぶのも、そういう仕組みで発現しているからだ。白斑は家畜の表現型とも呼ばれていて、猫だけでなく、牛、馬、犬、鯉、金魚など、哺乳類以外の家畜にも見られる。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 小金井市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP