進化する爪攻撃


八王子市の猫

 職場から数百mほど離れた団地の一角に猫がいる。天気の良い夕方など、西日に当たって寛いでいる姿をバスの車窓から眺めているが、写真を撮るとなると一つ手前のバス停で降りることになり、あとが慌ただしくなってしまうので、途中下車したことは一度しかない(こちら)。
 夜勤が明けて、明日が休みということもあって、今朝は職場からこの団地まで歩いてみた。猫は所定の場所にいたが、ファインダーを覗いて構図を考えているうちに茂みに隠れてしまい、しかもその傍らを20分に1本しかないバスが通り過ぎて行った。平日ダイヤと勘違いしていたのだった。
 夜勤明けの猫関係業務は、か細い緊張の糸で成り立っているため、これでモチベーションの9割を喪失。そのまま南大沢まで歩いて電車に乗った。道中、若干の猫の気配を感じたが、改めて散歩するにしても、この辺りは起伏の多い地形で急坂だらけ。出退勤のついでに歩く気にはなかなかなれない。
 気を取り直して、もう少しだけ散歩することにして、片倉で電車を降りた時には、退勤してから1時間半経っていた。はじめに駅近くの猫拠点に寄ってみると、いつもの場所で茶トラが寛いでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 川沿いの細い遊歩道からのアプローチとなり、建造物や樹木もあるので、この子の写真はいつも同じアングルになってしまうなあ。
八王子市の猫

 乗っかっているのはギターケースらしい。なぜこのような場所にこのようなものがあるのかは不明。
八王子市の猫

 茶トラの一角を表通りに回ると、駐車場にサビがいた。
八王子市の猫

 そこへお店の親父さんが現れた。挨拶して、少しだけ話したところによると、家でも猫を10匹ほど飼っているのだそうだ。わざわざ自室から写真を持ってきて見せてくれた。
八王子市の猫

 バスの件で打ちひしがれていたため、今日の散歩は八王子に向かって一直線。こちらも猫拠点となっている路地に来ると、巡回帰りと思しき黒白が現れた。
八王子市の猫

 黒白が民家の敷地に消えて行ったのと入れ替わりに、茶色いのが顔を出した。こういう角度なのは、しゃがんでいるのではなく、傾斜地の山側に建つ住宅だから。
八王子市の猫

 この子は隣の駐車場で何度か見かけた子。俺、いま打ちひしがれているので、慰めておくれよ。
八王子市の猫

「えー、どうしようかなー」
八王子市の猫

 母子で検討中。
八王子市の猫

「おもちゃ持ってないの? この子は手ぶらじゃ反応しないわよ」
八王子市の猫

 指で遊びますよ、お母さん。
八王子市の猫

八王子市の猫

 少し成長した茶渦君。前回は爪を立てられても平気だったけど、だいぶ力が強くなっていて、今日は盛大に出血してしまった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 その後、峠を越えて駅に着くまで、見かけた猫は1匹のみ。屋根の上のキジ白が湿っぽい視線を向けていた。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP