茜色の丘


八王子市の猫

 今日は夜勤前に立川から西国立まで散歩した。アメジ君を思い出して懐かしくなったので、今は駐車場となっている旧アメジ邸の前を通ってみたが、あいにく猫はいなかった。あの辺りには野良の茶トラが生息していたはずだが、転職したあとはさっぱり見ない。巨大マンションが建設されて、ねぐらを追われたのかも知れない。
 その後、小料理「だめさ」の猫ロードや、南武線1号の家に行ってみたが、誰一人として会うことは叶わず、七三ファミリーの縄張りまで来てようやく1匹見つけた。
立川市の猫

 かつての七三ファミリーのお立ち台にいたのは、近所に住む茶渦猫。ものすごく臆病な子で、今まで撮影に成功したのはたった2回しかない(こちらこちら)。今日はしばらく固まっていたので、今まででいちばんまともに撮れた。
立川市の猫

 肝腎の七三関係者は、未亡人の婆さんのみ。いつもの甕の上に佇んでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 チョビ1号邸の玄関先で日に当たっていたのは、同じ家に住むキジ白。最近チョビ1号に会えないなー。
立川市の猫

 朝顔がきれいなので、一緒に撮ろうと思って近寄ったら、奥に引っ込んでしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 とある民家の庭でサバ白が寛いでいた。今日の猫たちは、日なたにいたり日陰にいたり、色々。最高気温は18.5℃だった。
立川市の猫

 時間に余裕があるので、南武線の線路を渡って、さらに散歩続行。道端に黒いの発見。
立川市の猫

 何かをアピールするように鳴いているね。
立川市の猫

「撫でておくれよー」
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 鼻の頭と顎の下を撫でてやったが、カメラを向けたら逃げてしまった。何だよー。
立川市の猫

 散歩の終わりは怒りんぼの婆さん。
立川市の猫

 日なたぼっこに出て来た婆さん。4本足で立っている状態から、座ったり伏せたりするのに、やたら時間がかかるようになった。関節痛が辛いのかも知れない。
立川市の猫

立川市の猫

 散歩のあとは西国立から南武線に乗り、稲田堤で京王線に乗り換えて、さらに京王堀之内からバスで山を登らないと会社にはたどり着けない。バスの車窓から夕日に染まった山並みを眺めていると、流れる風景の中に一瞬猫の姿を認めたため、ピンポンダッシュして途中下車。駆け足で50mほど戻ってみると、茶トラ白が日に当たって気持ち良さそうにしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 どこからかもう1匹現れた。夕日に染まって分かりにくいけど、こちらはクリームクラシックタビー白のようだ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 所在なげなクリーム猫。これから仕事じゃなければ、日没まで一緒にまったりしたいところだけど、残念ながら始業時刻まであと15分しかない。後ろ髪を引かれる思いで会社に向かったのだった。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 三浦市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 朝霞市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP