孫B


立川市の猫

 一日だけの休みなので、頑張るつもりはまったくなかったんだが、結果的に今日の写真は30枚。桜の開花状況を見ながら適当に歩いていたら、MOONちゃんの縄張りの緑道まで行ってしまって、帰りは面倒になったのでバスで帰ってきた。桜の方は3~5分咲きぐらいだったので、今週末はいい感じになっていると思う。月曜日は休みを取ってあるので、ナナちゃんに会いに勝どきに行ってみる。
 西立川から立川に向けて歩き始めたが、前半は調子が悪く、茶猫の街の踏切で遠くにいるのを1匹見つけただけ。
立川市の猫

 民家の庭にキジトラ発見。
立川市の猫

 この直後に飛んで逃げた。人懐っこい顔つきに見えたんだけどなあ。
立川市の猫

 七三ファミリーの駐車場に到着。日陰で分かりにくいけど、塀の上に子供Bが乗っかっている。
立川市の猫

 最近、子供Aを見ないね。会いたがってたって伝えといてよ。
立川市の猫

 七三の縄張りを一回り。庇の上で父が寝ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 寝ている父の下にも1匹。もしかしてと思って過去の写真を調べたら、去年の10月にも見かけた新しい子供だった(こちら)。毛色は母や子供Bと同じく、薄めのブラウンクラシックタビー白。顔つきもよく似ているね。
立川市の猫

 ……というような観察をしていたら、いつの間にか父が起床。
立川市の猫

立川市の猫

 今後もたびたび会うようだったら、七三ファミリーの孫Bとでも呼ぼうかな。
立川市の猫

 滅多に鳴かない父がにゃあにゃあ言っていたので、見上げてみると、バルコニーに母がいた。
立川市の猫

 緑道までやって来たが、あいにく猫たちは不在。その辺の路地をぶらぶら歩いていたら、民家の給湯器の上に1匹いた。
国立市の猫

 緑道メンツの1匹、ブラウンクラシックタビー白。MOONちゃんとこでは⑦号と呼ばれている子だ。
国立市の猫

 緑道をさらに進んで市境を越えると、いつもの駐車場でいつもの猫たちが寝ていた。
国分寺市の猫

 伸びてるな……。
国分寺市の猫

 そこへご飯の爺さんが現れて、2匹とも鳴きながら餌場へ移動して行った。俺もしばらく休憩。
国分寺市の猫

 「もう少し食べたかったな」
国分寺市の猫

 「あー、お腹いっぱい」
国分寺市の猫

 茶トラ白はユキヤナギの下でまったりモード。
国分寺市の猫

 「もの足りないな」
国分寺市の猫

 「食べるものはもうないのかい?」
 「えー、まだ食べるのー? もうないよー」
国分寺市の猫

 「もの足りないな……」
国分寺市の猫

 黒白は駐車場に戻って寝てしまった。一方こちらは食後のごろーん。
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 いつもは黒白が立哨している防犯連絡所。今日は相方が1匹で佇んでいた。
国立市の猫

 久しぶりー。時々中央線の電車から見てたよ。
国立市の猫

 ごろーん。
国立市の猫

 ごろーん。
国立市の猫

 ddで茶トラが薄まったクリーム色。立川や国立界隈の猫は、毛色のバリエーションが豊富で楽しいな。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 三浦市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 千代田区の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP