嬉しいお手紙


福生市の猫

 猫ブログを始めて間もない2011年7月、当時勤めていた会社の近くで、とても人懐っこいアメショー風の猫に行き会った。それからも何度か見かけて、構って遊んだり写真を撮ったりしたが、何しろちょこまか落ち着きのない子で、ほとんどがブレたりボケたりで散々だった。その後、飼い主のお姉さんに挨拶する機会があって、「アメジ君」という名前であることが分かったが、2012年8月に会ったのを最後に、お姉さんとともにどこかへ引っ越して行った。今も時々その家の前を通ることがあるが、その後は住む人もなく、いつの間にか取り壊されて、今は駐車場になっている。
 昨日、そのお姉さんからメールがあって、アメジ君の元気そうな写真が添付されていた(こちら)。二言三言会話したことがあるだけで、連絡先を教え合ったわけでもないが、珍しい名前の猫だから、検索してここにたどり着いたのだろう。今はどこかの田舎でのびのび暮らしているらしく、4歳になったというアメジ君も、木登りなんか覚えて、相変わらずやんちゃそうだ。毎日たくさんの猫に会っているにもかかわらず、必ずしもストレスフリーではなかったりするが、送られてきた写真には心底ほっこりさせられた。
 さて、今日は夜勤明けということで、軽めに西武立川から家までの散歩。高く青い空が心地良かったが、あいにく猫の方は振るわず、当てにしていた子はことごとく不在だった。少し暑すぎたのかも知れない。
昭島市の猫

 1匹目をカメラに収めるまで1時間かかった。というか、それまで4匹逃げられたりスルーしたりで、もう体力的に無理だから帰ろうとしていたところだった。ありがたやありがたや。
昭島市の猫

 去勢の影響なのか少し太めだけど、割と男前だな。トラ模様のきれいな子だ。
昭島市の猫

 1匹じゃ淋しいので、いつもの猫路地に寄ってみた。茶色いのが2匹いるね。
福生市の猫

福生市の猫

 こちらは顔だけ日なたで眩しそう。
福生市の猫

 秋も深まってくると、晴れた時のコントラストが高くて、日陰にいられると調整不能になってしまう。こうして考えると、人間の目ってすごいよな。どんな光線状態でもちゃんと見えるんだから。
福生市の猫

 猫の目もすごいけどね。
福生市の猫

「お前たちは暗いところに弱いよな」
福生市の猫

 道端に黒いの発見。
福生市の猫

福生市の猫

 顔立ちがまだあどけなくて、見た感じ生後7~8ヶ月ってところかな。葉っぱで気を引いていたら懐きそうだったけど、至近距離でカメラを構えたら逃げてしまった。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 竹富町の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 新北市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP