追憶のステイション


昭島市の猫

 荒井由実の「雨のステイション」を聴きながら昨日の記事を書いたので、今朝の散歩は西立川へ行くことにした。この街には美人さんの妹トラ子さんなどたくさんの猫が暮らしていたほか、とりわけ人懐っこい巨大黒猫の印象が強く残っている街でもあるが、残念ながら黒は去年の夏に死んでしまった。線路端のねぐらに聞こえてきた駅の発車メロディーが今も記憶に残っていて、電車で西立川を通るたびに思い出して胸が締め付けられる(当時の動画はこちら)。
 現在、この街で唯一俺をもてなしてくれるのはエビ子。まだ朝早いので寝ているかと思ったら、意外にも起きて朝ご飯を食べていた。今朝はエビのオヤジが早くから仕事に出たようなので、朝ご飯もその分前倒しになったようだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「かっ、かっ」と、入れ歯のお爺ちゃんみたいな鳴き声で急接近するエビ子。まだ暗いからアクティブなのは撮影キツいよー。
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

 こうなっちゃうともう誰にも止められない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 カメラを向けてもすぐに近寄ってくるので、ほんの一瞬の隙を狙ってお澄まし写真を1枚。涙やけは前回よりだいぶ改善して跡だけになっていた。
昭島市の猫

 今日の散歩コースは西立川から中神まで。会いたい猫の大部分が空振りだったが、広い駐車場で久しぶりに常駐のキジ白を見かけた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 以前は割とヨレていた印象があるが、こうして見るときれいにしているし体つきもいい。以前はもっと野良然としていたような気がするんだけれども。
昭島市の猫

 生活がいい方に変化したようで何より。あともう少し懐いてくれたらありがたいね。
昭島市の猫

 最後に見かけたのは東向きの庭で充電中の黒白。今日の散歩は3匹で終了。
昭島市の猫

昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 台南市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫

    2022.11.30

    彼方の看板猫
  4. 川崎市の猫
  5. 大多喜町の猫
  6. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  7. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難
  8. 三浦市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP