朝の一駅散歩


国立市の猫

 日の出が早くなってきたので、天気の良かった今朝はいつもより30分ほど早く家を出た。駅に行ってみて、立川止まりの電車が来たら西立川から1駅散歩、東京行きだったら国立から1駅散歩にしようと思っていたら、来たのは中央線直通の東京行き。だから今朝は国立まで乗り越して、会社まで1駅戻る形で散歩した。30分早く出たといっても、普段からかなり余裕を見て出勤しているので、実際は50分ぐらいは散歩できる。
 ただし猫の方は天気の割に芳しくなく、廃線跡の遊歩道にたどり着くまでぜんぜん見つからなかった。最初の1匹は、遊歩道沿いの民家の壁に佇むキジ白から。
国立市の猫

 よほど日光が気持ちいいのか、近寄っても目を閉じたまま微動だにしない。一回あくびしたけど。
国立市の猫

国立市の猫

 壁のキジ白を撮影していたら、背後からダミ声の鳴き声が聞こえてきた。振り向いてみると、民家の敷地で茶トラ白が何かと対峙していた。
国立市の猫

国立市の猫

 逃げた……。
国立市の猫

 ここからはお昼休みにもたまに通る道。某工務店の玄関前で黒白が立哨中。
国立市の猫

 いつもご苦労様です。
国立市の猫

 お昼休みは会社の南側にある公園でお弁当を食べた。気温はそう高くはなかったが、日光に当たっているとぽかぽかして気持ちが良かった。滑り台の向こうでまったりしているのは、この公園でたまに見かける麦わら的模様の猫。
立川市の猫

 いつもご飯をくれるサラリーマンが、今日は遠くのベンチに座っていたので、お昼を食いっぱぐれたらしい。
 ……にしても、このカメラは背景にピントを合わせる傾向があるな。この写真も、測距点を猫の鼻に置いて撮っているんだが、どうも言うことを聞いてくれない。一眼レフといっても所詮は初心者用の安物だな。
立川市の猫

 団地の庭に灰白が1匹。じっとこちらを見つめている。
立川市の猫

立川市の猫

 反応が薄いので、気になって何枚も撮ってしまった。だいぶお年のようだね。
立川市の猫

 今年の冬は寒くて年寄りにはきついな。もう少しで春だから頑張ってくれ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 川越市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP