見送りついでの猫散歩(1)


大田区の猫

 12月18日から滞在していた元妻が今日紋別に帰った。いつもなら拝島営業所始発のリムジンバスで羽田まで行くんだが、道路状況によっては、相当早く出発しても、飛行機に間に合うかドキドキされられて心臓に悪いので、今回は横浜線で東神奈川まで行き、仲木戸から京急というコースにした。いつも青梅線などというトロい路線を利用しているせいか、俺の目には京急が輝いて見える。今日乗ったのはエアポート急行だったので、120km/h運転ではなかったが、それでも京急ならではの素敵な加減速を堪能できた。
 搭乗ゲートをくぐった元妻の姿が見えなくなるまで見送ったあと、モノレールに乗って、散歩開始は昭和島から。それなりに見つけられたので、写真は今日と明日に分けて載せる予定。
 運河にかかる橋を渡ってしばらく歩くと、1年ぶりの遊歩道にキジトラの姿があった。
大田区の猫

 道路のまん中でぽつねんと佇むキジトラ。以前はたくさんの猫を見かけた場所だが、お昼近かったせいか、今日は1匹だけ。
大田区の猫

 大森の下町をぶらぶら歩いていると、行く手を猫が横切っていった。
大田区の猫

 民家の敷地のバイクの上で落ち着いたキジ白。20年ほど前に近所に住んでいた者ですが、少し遊んでもらえませんかね?
大田区の猫

 「そんな何代も前の話をされてもなあ」
大田区の猫

 匂いを嗅がせようとして出した指を一度だけ甘噛みして、元の場所に戻ってしまった。
大田区の猫

 適当に歩いていたら、去年の見送りの時にも通った公園に猫がいた。
大田区の猫

 歓迎していないことが耳に表れているな……。
大田区の猫

 でも近寄る。
大田区の猫

 少し距離を置けば逃げはしないが、始終イカ耳。俺そんなに怪しいか?
大田区の猫

 一昨昨年来た時は駐車場だった場所にマンションが建っていて、その駐輪場から1匹の猫が現れた。ちなみに撮影時は左端の庇の三毛にまったく気づいていなかった。
大田区の猫

大田区の猫

 逆光もいいけど、それだとせっかくの毛色が分からない。きれいな青トラ(ブルーマッカレルタビー)だね。
大田区の猫

 塀の隙間に入って行った青トラを見送ったあと、ふと上を見てのけぞった。
大田区の猫

大田区の猫

 「やーね、人のこと見てのけぞらないでよ」
大田区の猫

 三毛のいた丁字路を曲がってすぐ、今度は茶トラ白を発見。やっぱりこの街は猫の巣窟だなあ。
大田区の猫

大田区の猫

 「あなた見かけない顔ですね。もしかして不審な方ですか?」
大田区の猫

 「怪しいヤツめ、お父ちゃんに何か用か」
大田区の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP