閑さや池に飛び入る猫の声


山形市の猫

 一昨日の夜から昨日にかけて、気紛れを起こして山形に行ってきた。なぜ山形なのかは自分でもよく分からない。できれば岩手か秋田に行きたかったが、遠すぎて時間とお金がかかるし、仙台だと都会すぎて散歩コースを絞り込めない。少し歩けば知った気になれる程度の都市ということで、何となく選んだのが山形だった。
 かつてなら上野から急行「津軽」に乗って行くところ、今となっては夜行列車は風前の灯で、早朝から現地入りできる交通機関はバスしかない。だいぶ前、妻と青森行きの夜行バスに乗って、体がガタガタになったことがあるので、着くなり疲れたんじゃイヤだなと思ったが、今回は3列シートで、前や隣の席が空いていたので、予想していたよりは快適だった。
 新宿を出発したのは23:30。平日前夜だったせいか道路事情が良く、途中で何度も時間調整の停車をしながら、山形駅前に着いたのは定刻の5時半ちょうどだった。
 コンビニでお握りを買って食べたあと、まずは駅前の繁華街をぶらぶらしてみた。朝帰りと思しき酔っ払いが大声で談笑していて、久しぶりに聞く山形弁を懐かしく思ったりもしたが、本気で話されると、何を言っているのかさっぱり分からない。台湾で感じた心細さを思い出しつつ、日陰の路地に差しかかると、暗いところでキジトラがシャカシャカしていた。
山形市の猫

 歩き始めて2分で発見。幸先がいいなー。
山形市の猫

山形市の猫

 近寄ってよく見たら、イエローとゴールドのオッドアイだった。このパターンは割と珍しい。
山形市の猫

 大きな公園で、ぬるぬると獲物を狙うシルエットを発見。
山形市の猫

山形市の猫

 シルエットというか、黒だな。
山形市の猫

 俺が近寄ったせいで小鳥は逃げてしまい、誰もいなくなった原っぱを名残り惜しげに見つめる黒。
山形市の猫

 「いいところだったのに、邪魔しないでくれよな」
山形市の猫

 広場で寛ぐ3匹。
山形市の猫

 「お前は見ない顔だな。ご飯の人じゃなさそうだな」
山形市の猫

 「どうせ観光客だ。捨て置け」
山形市の猫

 茶トラはのほほん顔。山形は盆地だから、日中はかなり暑くなると思うけど、まだ6時半すぎなので日差しが心地良いレベル。
山形市の猫

山形市の猫

山形市の猫

 サバトラは毛繕いに忙しい。ここの猫たちは逃げるでもなく、そう人懐っこいでもなく、要するに無関心な感じ。
山形市の猫

 街の猫にも会いたいから、そろそろ次に行くかー。
山形市の猫

 ……と張り切って歩いてみたものの、地方都市の通勤時間帯は、街の規模に対して車がやたら多く、落ち着いて歩いていられない上に猫も出てこない。予定では山形駅から北へ2駅歩いて羽前千歳まで行くつもりだったが、歩けば歩くほど住宅がまばらになって、ドツボにはまりそうな気がしてきたので、途中の北山形から仙山線に乗って、某有名山岳寺院に行ってみることにした。仙山線には何度も乗ったことがあり、車窓からお寺を見るたびに一度登ってみたいと思っていたので、この機会にチャレンジすることにしたのだった。最初の散歩で10km以上歩いたこともあり、1,000段以上ある階段を上り下りできるか不安だったが、思っていたほどきつくなく、20分ほどで奥の院に到着。売店のお姉さんに「こごらにねごいねすか(山形弁チック)」と尋ねたら、下に何匹かいるというので、急ぎ足で下りてきた。そして見つけた。
山形市の猫

 ホントだ。いるねえ。
山形市の猫

 かの松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだこの地だが、その後、芭蕉は猫を題材にした句をいくつか残している。今から300年以上前、ここに猫はいたのであろうか。
山形市の猫

 池のほとりで狙いを定める猫発見。
山形市の猫

山形市の猫

 邪魔をするなというような顔つき。
山形市の猫

 視線を追ってみたけど、何を狙っているのか判然としない。時折飛び跳ねる池の鯉なのか、それとも……、
山形市の猫

 あいつか?
山形市の猫

山形市の猫

 よく分からないまま、ほとりから離れて歩き出した直後、背後から「にゃー、どぼーん」と派手な音が聞こえた。夢中になりすぎて池に飛び込んだらしい。
山形市の猫

 それでも視線は対岸に向いている。よほど気になっているんだな。一通り毛繕いを終えたあとは、再びほとりに戻って探検していた(動画あり)。
山形市の猫

 「男の子はそのくらいじゃないとダメよ」
山形市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 中央区の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP