昨日の続きと今日の雪猫


立川市の猫

 予報通り今日は朝から大雪で、14時ごろまでずっと降り続いていた。ただ気温は低くなく、せいぜい0℃止まりだったので、お昼を過ぎたころには降った端から解けていく感じだった。そして明日は何と15℃まで上がるらしい。
 昨日の夜は疲れていて全部載せられなかったので、今日はその残りから。線路端を離れて、会社に向かうため市内の繁華街を歩いていたら、通りすがりの公園に猫がいることに気づいた。この公園は夜間閉鎖されていて、朝9時にならないと入ることができない。高い柵に阻まれて、閉鎖中は猫一匹出入りできないので、たぶん一晩中この中で過ごしたんだと思う。
立川市の猫

 近づきたくても近づけないので、お昼になったら来てみよう。
立川市の猫

 ……ということでお昼休み。同じ場所にいたいた。……って朝の猫じゃないじゃん。
立川市の猫

 さる情報によると、どうやら近くの会社のOLなどからふんだんに食べ物をもらっているらしい。朝の黒白もきっと飢えてはいないんだろう。
立川市の猫

 公園をあとにして会社に戻っていたら、路地に茶トラ白が座ってこちらを見ていた。逃げられたのでこの1枚だけ。
立川市の猫

 遠い公園まで往復したので急ぎ足だったけど、意外にいるもんだな。発情期だからかな。
立川市の猫

立川市の猫

 そして大雪の今日は、カメラが濡れないようにコンビニ袋でガードしつつ、雪の降りしきる中、お昼の散歩に出かけた。この雪では七三ファミリーもチョビ1号も見あたらず、南武線の線路の向こうまで歩いて、ようやく1匹だけ見つけることができた。
立川市の猫

立川市の猫

 俺には一瞥をくれただけで、何かを待っている風の黒白。
立川市の猫

 かつて俺の育った街では、このような天気の時は霧笛が聞こえてきたものだった。海から離れたこの街では、雪解け水の流れるかすかな音がするほかは、静寂だけが支配している。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 花蓮市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 国立市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP