垂直尻尾


稲城市の猫

 以前は定番の散歩コースだった稲田堤も、猫の分布がかなり変わってきたようで、以前のように簡単には見つけられなくなってきた。今日は夜勤明けに京王よみうりランド〜稲田堤の5.2kmを1時間半かけて歩いたが、カメラに収まったのは2匹、逃亡1匹だった。
 あのような地域は大雑把に言うと、古くから多摩川の灌漑で潤ってきた農家と、その農地が宅地に転用されて現れた新住民とで構成されている。農家の猫にはネズミ番という重要な役割があり、その規模に応じて複数の猫が任務に当たっていた。農家が猫を飼わなくなると、その周辺の猫も連動して減少する傾向があるが、これは恐らく自然繁殖に必要な生息密度を満たさなくなるからだろう。一方の新住民は、もともとそれほど便利な地域ではないため、生活には車が必需品となり、狭隘道路に交通量が増えるので事故も起こる。農家のように繁殖させる必要もないので、どちらにしても猫は減ることになるのだろう。
 渋谷区などは猫よりもネズミとの共存を選んだ希有な街で、どちらを選ぼうと住む人の自由だが、あんなにでかいネズミと暮らすなんて物好きだなと思う。例のコンビニなど、猫を1匹置いておけば、ネズミは来ないしお客は来るしでウハウハだろうに。
 散歩の最初に見かけたのは可憐な白猫。
稲城市の猫

稲城市の猫

 以前もこの近くで白を見たなと思い、帰宅してから調べたら、去年9月にも会っていた。
稲城市の猫

 一方こちらはいつもの猫拠点。小さな日なたで毛繕いしているのが見えるかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 誰かと思ったら馴染のオッドアイだった。ここには少なくとも4匹の白が暮らしているので、近寄ってみないと分からない。
川崎市の猫

 なぜか、尻尾ぴーん。それって挙手?
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 輪島市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  5. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  6. 日高市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP