小雨と猫で始まる静かな朝


朝霞市の猫

 雨だというから少しは涼しくなるかと思ったら、気温はそのままで湿度だけが上がって、今朝の散歩も湯船に浸かっているような感じだった。
 それほど暗くはなかったので、近場の猫を訪ねても良かったが、散歩のあと汗だくで満員電車に乗るのがイヤで、歩くのは朝霞から会社までにした。出会った猫たちはほぼいつもの猫たち。
 最初に駅近くの猫民家に寄ってみると、車の下の猫置き場で茶色いのがごろごろしていた。
朝霞市の猫

 雨の朝はお寝坊さん。みんな寝ぼけまなこだ。子猫たちも成長して成猫と見分けがつかなくなってきたなあ。
朝霞市の猫

 ここもいつもの猫路地。さっきの猫民家からはだいぶ離れているから、猫同士の交流はないと思うけど、このコースの前半は茶系が多い。
朝霞市の猫

 近寄ったら2匹を残して逃亡。朝ご飯が終わったところのようだね。
朝霞市の猫

 「何だい、今ごろ来たってもうないぞ」
朝霞市の猫

 もう1匹はアンフレンドリー。カメラを避けて逃げていく。
朝霞市の猫

 こちらは青い目のポイントカラーだった。
朝霞市の猫

 猫アパートの階段で2匹の猫が寛いでいた。
朝霞市の猫

 こちらに気づいた1匹が斥候のように降りてきた。かといって人懐っこいわけではないことは、前回会って知っている。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 上のキジ白は見てるだけ。
朝霞市の猫

 雨の日にこれだけ会えれば御の字だ。満足して踵を返すと、真正面にも1匹発見。
和光市の猫

 40分間の散歩でカメラに収まったのが12匹とスルーが2匹。お陰さまで癒やされてるよ。
和光市の猫

関連記事一覧

  1. 浦安市の猫
  2. 中野区の猫
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP