夏の終わりの戦利品


所沢市の猫

 2日間のお休みは雨で始まった。未明からかなり激しく降っていたようだが、目が覚めた時には小降りになっていて、いい具合に気温も下がっていた。辛かった真夏の日々がようやく終わりに近づいてきたかと思うと、少し元気が出てきたので、午後から髪を切りに行くことにした。
 残っていた雨も出かけるころには上がり、東所沢の床屋へ向かうついでに1駅歩くことにして、新秋津に到着したのは14時半。わざわざ休みの日に行かなくても、出勤前に歩こうと思えば歩ける場所だが、わずかな時間で慌てていては、気づけない景色というものがある。14時台という猫探しにはいちばん不利な時間帯であり、まったく見つけられない可能性もあったが、暑くなくなった野外を歩くだけでも嬉しい気分だった。
 県境をまたぐコースの東京都側は予想通り玉砕し、柳瀬川を渡って埼玉県に入ると、道路脇の雑木林から猫の鳴き声が聞こえてきた。
所沢市の猫

所沢市の猫

 呼び止められたような気がしたので、少しずつ近寄ってみる。
所沢市の猫

 しかし、近寄った分だけ、向こうも後ずさりしてしまう。何かを訴えているような気がするんだがなあ。
所沢市の猫

 最初のキジ白から数分後、民家の敷地で2匹目を発見。
所沢市の猫

 ほらいた。
所沢市の猫

 玄関先に佇んでいたのは、いわゆる一つの麦わら猫。こういう姿を見ると、「ご飯待ちなのかな」などと想像しがちだが、長いこと観察しているうちに、猫には無目的な行動がかなり多いのではないかと思うようになった。我が家のマコちゃんなんかも、出先からIPカメラで監視していると、真夜中に居間のまん中でずっと動かずに座っていたりする。もし何かの意味があったとしても、あの佇まいを人間が理解するのは、かなり難しいことだと思う。
所沢市の猫

 同じ通りでさらに猫発見。今日はダメかと思っていたけど、意外にいるな。
所沢市の猫

所沢市の猫

 敷地の奥のキジ白を撮って安心していたら、いつの間にか目の前に1匹増えていて、のけぞってしまった。
所沢市の猫

所沢市の猫

 戦利品を見張る2匹の猫がいた。
所沢市の猫

「これは私たちのだからね。触らないでちょうだい」
所沢市の猫

「いくら見ててもあげないわよ」
所沢市の猫

「この人は僕たちと遊びたいんじゃないのかな」
所沢市の猫

「ほら、くんくん」
所沢市の猫

 がり。
所沢市の猫

 フレンドリーなクリーム白とは対照的に、三毛は相変わらず不審顔。ちなみに三毛は去年10月にも会った子だった。
所沢市の猫

 猫なんかきっと見つからないと思った昼下がりだったが、今日は思いのほか盛況だった。このあともたくさん会えたので、残りはまた後日載せることにする。
所沢市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 高雄市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 小金井市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP