日なた派と日陰派


昭島市の猫

 シャム混1号や再開発ファミリーの縄張りで進行中の新道工事は、引っ越したあとも順調に進んでいるようで、来る16日から部分供用が開始されるそうだ。日曜日の休工日は今日しかないので、これから仕事へ行くついでにちょっと寄ってみようと思っている。天気が曇りがちで、雨に当たる可能性もあるので、猫に会えるかどうかは行ってみないと分からない。
 今日の記事は今月9日の出勤前に見かけた猫たち。日没時刻は16:28になっていて、今は年中で最も日の入りが早い時期だ。南中高度が低いことと相俟って、14時すぎの散歩開始でもすでに日差しは赤く、街はみるみるうちに夕方色に染まっていく。弱々しい日差しを求めて、庇の上に乗っかっているのが1匹。
昭島市の猫

昭島市の猫

 薄目を開いて、ちゃんとチェックが入っているな。どうせ届かないんだから、安心して寝てくれ。
昭島市の猫

 西向きの庇は猫たちにとって格好の寛ぎ場所だ。長毛黒の近所でもう1匹発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この日のコースは西立川から中神まで。途中いくつかの猫拠点を回ってみたが、太陽が低くて日陰が多いせいか、思ったほどは見つけられない。次の猫は東中神駅近くで遭遇した。
昭島市の猫

 きりっとした表情の茶トラ。カッコいいな。
昭島市の猫

 人慣れしているような顔つきだったので、試しに指の匂いを嗅がせようとしたら、塀の向こうに引っ込んでしまった。この日はやや時間が押していて、急ぎ気味だったのが災いしたか。
昭島市の猫

 とある猫拠点。民家とアパートの隙間から、こちらを注視しているのがいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 その下の地面には茶トラ。お母さんが見張っていたのかと思ったが、キジトラの母から茶トラの子は生まれない。キジトラに見えて、実は縞二毛だったのかも知れないし、あるいはまったく無関係なのかも知れない。
昭島市の猫

 まだ若い顔立ちだ。ここに数匹の子猫がいることは、だいぶ前から知っていて、いつか道端に出てくるだろうと気長に待っていたんだが、そうこうしているうちにずいぶん成長した。寒いんだから、日なたに出てくればいいのに。
昭島市の猫

 最後の猫は猫喫茶の裏にいた。
昭島市の猫

 こいつが日陰に潜んでいるのは、単に臆病だから。
昭島市の猫

 日没時刻は13日までが最も早く、それ以降は徐々に遅くなっていく。猫探しの散歩は自然条件との睨めっこで、これもまた一興だったりする。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP