オッドアイごろーん


羽村市の猫

 昨日は仕事は休みだったが、悪天候のため猫散歩は中止。代わりに今日のお昼前から近くの街まで出かけてきた。桜が満開になってから、何度か雨が降ったり風が吹いたりしているので、もう終わっているだろうなと思っていたら、意外にまだまだ咲いていて、花見客もたくさん出ていた。
 俺は心臓がつるつるなので、満開の桜の木の下に猫を見つけると、嬉しさのあまりどうしていいか分かんなくなってしまう。麻雀に例えると、ドラがたくさんあったために平常心を保てなくなって、ガタガタになってしまうような感じだ。だから、その手の写真は失敗作が多い。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、まずは電車から降りてバス待ちの時に見つけたキジ白。
羽村市の猫

羽村市の猫

 うちのサチコに似た子だなあ。この場所にはほかにも何匹かいたが、バスの時間が迫ってきたので諦めた。
羽村市の猫

 ……バスの乗り場を間違えた。循環路線のコミュニティバスなので、乗ってりゃそのうち着くわけだが、コミュニティバスというのはやたら回り道するので、駅から直線距離で1kmのところに行くのに1時間もかかってしまった(運賃は100円)。
 長毛のキジ白発見。
羽村市の猫

 こいつも長毛でなければサチコに似てるかなあ。白い部分がたすき掛けになっているところとか。
羽村市の猫

 民家風の喫茶店の入口でキジトラが涼んでいた。
羽村市の猫

 あんたサービス業でその顔はないでしょ。
羽村市の猫

 完全にしまい忘れてる。
羽村市の猫

 とある川沿いの民家。
羽村市の猫

 おー、豪華な猫小屋だなあ。
羽村市の猫

 いい人に飼ってもらったねえ。ちなみに別の小屋には兎もいた。
羽村市の猫

 桜並木の土手の下に白いの発見。
羽村市の猫

羽村市の猫

 帰ってきてから気づいたが、うしろのキジ色は霜降りのようだ。この近くにアビシニアンを飼っている家があるので、その血が混じっているのかも知れない。さっきのベロ出しキジトラが出てきたと思ってスルーしてたよ。もっとちゃんと観察しときゃ良かったなあ。
羽村市の猫

 キジ色はお散歩。白いのは直射日光が苦手みたいで出てこない。
羽村市の猫

 花見客で混雑する川べりを離れて、駅に向かって歩いていたら、路地の向こうに白いのを見つけた。機嫌が良さそうな尻尾なのでちょっと呼んでみよう。
羽村市の猫

 おー、来た来た。
羽村市の猫

 ごろーん。
羽村市の猫

 ごろーん。
羽村市の猫

 こんなに人懐っこい白猫は初めて。しかもオッドアイだし。
羽村市の猫

 このあと、2階のバルコニーから一部始終を見ていた奥さんと少し世間話をして、駅に向かった。そのうちまた来るからね。
羽村市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP