春の喧噪


国立市の猫

 俺の育った函館では、桜の見ごろはゴールデンウイークぐらいだった。北海道の春は雪解けから始まるため、街は泥だらけでぐちゃぐちゃになり、それが収まってようやく春を実感したものだった。東京の桜が北海道より早いのは当たり前だが、雪解けのぐちゃぐちゃ期間がない分、唐突に春が訪れたような気がするし、花見の喧噪もその終わりもやはり唐突に感じる。
 そんなわけで、桜にとらわれた1週間あまりが終わり、再び地味で訥々とした散歩となった今朝は、国立から会社まで約1時間20分の散歩。最初の猫は茂みに隠れた黒だった。
国分寺市の猫

 お澄まししてくれたのは嬉しいんだけど、もう少し明るい場所がいいなあ。
国分寺市の猫

 ……ダメみたい。
国分寺市の猫

 市境を跨いでさらに行くと、以前会ったことのある三毛を見つけた。
国立市の猫

 キジトラ模様がやたら大きい三毛なので、よく覚えてる。去年の11月14日に見かけた子だ。君はいつも暗い場所にいるねえ。
国立市の猫

国立市の猫

 この場所は猫の集会場だったので、以前は時々チェックしていたんだが、最近ぜんぜん見かけなくなっていた。久しぶりに1匹見っけ。
国立市の猫

国立市の猫

 やや薄曇りの空の下でくつろぐ茶トラ。
国立市の猫

国立市の猫

 茶トラを撮り終えて視線を戻したら、塀の上にもう1匹いた。
国立市の猫

 実はこのほかにも三毛がいたんだが、物置の下に隠れてしまった。この場所はお昼休みにもよく来るので、次回の課題ということで。
国立市の猫

 何だか今日は朝から疲れが取れない感じで、出社する前に会社近くの小さな公園で少し休んだ。一服しながらふと横を見ると、砂場に茶トラが座っていた。横顔が駅長に似ている子だ。駅長はもう駅前に現れなくなってしまった。
立川市の猫

 この写真には2匹写っている。帰ってきて編集するまで全然気づかなかった。
立川市の猫

 今日はちょっと忙しい日だったので、お昼休みの散歩はほどほど。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 朝撮り損ねた三毛がいるかなと思って、もう一度近くまで行ってみたが、昼寝でもしているのか1匹もいなかった。その代わり、隣の路地の奥に1匹見つけた。高架を行くのは甲府行きの特急かいじ107号。少し遅れてるみたいだ。
国立市の猫

 せっかく行き止まりの路地を100mも歩いてきたんだから、逃げないでくれよー。
国立市の猫

 何とかセーフ。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 日高市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 新北市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  8. 杉並区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP