台湾の東西南北の猫(1)


台北市の猫

 5日間の台湾猫旅は天気に恵まれ、一滴の雨にも当たることはなかった。特に西部に移動した3日目~4日目はすっきりとした快晴で、気温も30℃程度まで上がり、体力的にかなり厳しい散歩となった。雨に祟られた1月の猫旅は4泊5日で114匹の猫に遭遇したが、今回はそれを大幅に上回る164匹。まだ暫定的な数字ではあるが、恐らく15~16回ぐらいに分けて紹介することになると思う。
 初日の11月12日はいつもと同様に、中華航空223便で羽田から台北松山へ飛び、やや早着して10:10ごろには飛行機のドアが開いた。家を出た4時半の気温は10℃ほどで、寒いのを我慢して長袖のシャツ一枚で出かけたが、空港から出た途端、じめっとした空気が肌にまとわりついてくる。台湾中央氣象局のデータによれば、この時の台北の気温は25℃で湿度は72%。薄雲がかかって日差しこそ柔らかかったが、日本の梅雨のような蒸し暑さだった。
 空港で両替して悠遊卡をチャージしたあと、台北捷運文湖線で終点の南港展覧館へ移動。散歩を開始する前にプリペイドSIMを調達すべく、駅近くの中華電信ショップに赴いたところ、俺の希望する計量型はすべて売り切れで、南港服務中心サービスセンターなら直営店なので在庫があるだろうとのこと。台湾に到着早々、汗でずぶ濡れになりながらさらに15分ほど歩き、たどり着いたショップで貧弱な英語と筆談を織り交ぜつつ、ようやく念願の計量型プリペイドSIMを手に入れた。先日の記事にも書いたように、空港で売られているSIMは計日型と呼ばれる使い捨てタイプで、リチャージして使い続けることができない。渡台のたびにSIMを差し替えるのが煩わしく、永続的に使える台湾の電話番号が欲しかったこともあり、今回わざわざ街のショップで計量型を買ったのだった。
 南港での猫散歩は当初1時間半ほどを見込んでいたが、ショップを探したり、買ったSIMのAPN設定に手間取ったりして、結局45分ほどしか時間を取れなくなった。とはいえ今回の猫旅のテーマは台湾の東西南北制覇であり、何とか台北市内で猫を見つけなければならない。iPhoneの地図と睨めっこしつつ、猫のいそうな路地を探して歩いていると、まずは広い道路の向こう側で毛繕いしているのが見えてきた。
台北市の猫

 片側三車線道路の向こう側。ちょうど車が途切れたので渡ってみよう。
台北市の猫

 こちらに気づいて動きを止めたキジ白。庇の真下に近寄ったら向こう側へ逃げてしまった。
台北市の猫

 今回台湾で経験してみたかったことの一つに「エビ釣り」がある。台湾人にとっては古くから定番のレジャーだそうで、台湾中に数多くの釣蝦場があり、釣ったエビはその場で料理して食べることができる。グリルが借りられるので塩焼き程度なら自分でできるし、調理師に頼んで本格的に料理してもらうこともできるそうだ。南港駅の近くにも南深橋釣蝦場というのがあり、余裕があればそこで糸を垂らしてみたかったが、45分しかないのではどだい無理。とはいえ何となく諦め切れずに、その釣蝦場へ向けて歩いていると、道端で2匹の猫が所在なげにしていた。
台北市の猫

台北市の猫

 いち早くこちらに気づいたキジ白。尻尾を半上げにしてやって来た。
台北市の猫

台北市の猫

 キジ白が止まっちゃったので、先に茶トラ白に接近してみる。
台北市の猫

「おーい、モデルの準備はできていますよー」
台北市の猫

 ごろーん。
台北市の猫

 いやでも逃げる可能性の高い方を先に撮らないと……。
台北市の猫

「せっかく大サービスしたのに何だよー」
台北市の猫

「僕は関係ないからね」と一歩距離を置く茶トラ白。
台北市の猫

台北市の猫

 関係性不明な2匹と別れ、さらに先へ進むと、次の猫はすぐに現れた。この辺り一帯は台北市南港区で、とりあえず東西南北の「北」がクリアできて一安心。
台北市の猫

台北市の猫

 こちらのキジトラは警戒心が強く、一歩前へ出たらこの有様。
台北市の猫

 釣蝦場まで行ってしまうと予定の列車に間に合わないため、泣く泣く引き返して、南港駅から蘇澳行きの区間車(普通列車)に乗車。ややダイヤが乱れていたようで、次の散歩地である瑞芳には6分遅れの13:35に到着した。
 荷物をコインロッカーに預け、駅舎から出て最初にすることは、茶渦ファミリーが出ているかの確認。屋根を見ると、まさに茶白の猫がまったりしているではないか!
新北市の猫

 いたー!
新北市の猫

 口元に大きな色斑。ここの猫は似たような毛色のがたくさんいて分かりにくいけど、あれは去年1月に見かけた子だ。
新北市の猫

 ほかのメンバーは見当たらず、先に街なかを一回りすることにした。人懐っこいキジトラに会うため、達磨祖師の廟所の近くへとやって来ると、それらしいのが寝ていた。
新北市の猫

 ほらいた。
新北市の猫

「元気だったかー」と声をかけたら目を覚ましたが、何となく微妙な反応。前回会った時の人懐っこさは毛頭なく、忘れられてしまったかとがっかりしつつ、動画だけ撮っておいた(のちに人違いだったことが判明)。
新北市の猫

 廟所の裏手の車の下で考えごと。
新北市の猫

新北市の猫

 このように車の下に潜っているのもいるが、日が翳って、気温も24.0℃と、猫探しにはまあまあいい感じ。このあとも懐かしいメンバーに会えたので、その報告はまた後日ということで一つよろしく。
新北市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 中央区の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP