工業専用地域の猫(3)


横浜市の猫

 ほぼ終日に渡って雨となった今日は、朝のゴミ出し以外は一歩たりとも外へ出ることなく、膝の上の猫を撫でるなどして過ごした。朝は食事抜きでゲーム、お昼ご飯はレトルトの中華丼、晩ご飯はインドカレーの出前と、これ以上ないほどの怠惰な一日だった。辛うじてお昼はガスでご飯を炊いたが、電気炊飯器の内蓋を洗うのが面倒という理由なので、怠惰なことに変わりはない。
 今日紹介するのは今月3日、廃止間近の石炭列車と京浜工業地帯の猫たちを訪ねた時の続き(前回の記事はこちら)。駅から駅へ、鶴見線に沿って点在する猫拠点を訪ね、最後は市境を越えて横浜市内に入った。時刻はすでに10時近くになっていて、猫たちはそろそろお昼寝タイムに入る時間だったが、ホームに出てみると見覚えのある黒白がぽつねんと座っていた。
横浜市の猫

横浜市の猫

 見覚えといっても、会ったのは一昨年8月の一度きりなので、向こうはすっかり忘れているはず。前よりふくよかに見えるのは冬毛のせいか、それともたらふく食べているせい?
横浜市の猫

 「にゃー」と鳴きながらもう1匹が駆けてきた。
横浜市の猫

 おお、これは古株のキジ白君。元気だったかー。
横浜市の猫

 この厳しい環境にあって、こいつは2011年8月以来の顔見知り。当時からのメンバーは誰もいなくなってしまったが、こいつだけは今も矍鑠かくしゃくとしている。
横浜市の猫

 さらにその向こうへキジ白が追加。最初の黒白はとても人懐っこくて、カメラについて回るので油断していると被ってしまう。
横浜市の猫

横浜市の猫

 分かったよ、たくさん撫でるから大人しくしていてね。 
横浜市の猫

 行動にまとまりがないので、撫でるのも個別対応が必要。
横浜市の猫

横浜市の猫

 この日のメンバーはこいつを加えた計4匹。
横浜市の猫

横浜市の猫

横浜市の猫

 古参のキジ白はほかの猫と仲がいい。猫同士のストレスが少ないのはいいことだ。
横浜市の猫

 また来るからみんな元気でいてね。動画はこちら
横浜市の猫

 2時間半ぶりに最初の駅へ戻ってきた。すっかり日が高くなって、朝見かけた猫たちの多くは引っ込んでいたが、何匹かはまだ貨物駅の構内を動き回っていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 1,067mmの軌間と50kgレールの組み合わせだと、さすがに猫が小さく見えるな。阿里山森林鉄路の762mm軌間とはだいぶ違う。
川崎市の猫

川崎市の猫

 「石炭列車を待っているって? あれは廃止日まで運休だからもう来ないよ」
川崎市の猫

 何ですとー。
川崎市の猫

 秩父鉄道の三ヶ尻駅を発車した5783列車は、熊谷貨物ターミナル〜武蔵野貨物線を経由して11:16に到着することになっているが、いつまで経っても列車は来ないし、大挙して押し寄せているはずの鉄オタの姿もない。ここへ来てようやく俺は、目当ての列車がすでに運転終了していることに気づいたのだった。
川崎市の猫

 「いわゆる一つの、徒労というやつですな」
川崎市の猫

 今日は君たちに会えたからいいんだもん!
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP