ブルークラシックタビー白を見せて


相模原市の猫

 例年の台湾猫旅は、行きが中華航空223便の羽田→台北松山、帰りが同222便の台北松山→羽田と決まっていて、俺の中ではこれが最も時間を有効に使えて、体に優しく、かつリーズナブルな組み合わせだと思っている。運賃だけで考えるならLCCの方が安いが、成田や桃園まで往復する労力や、保安検査やイミグレを通過する時間を考えると、運賃だけでそちらを選ぶ気にはなかなかなれない。
 とはいえ毎回同じ便では飽きるので、今回は中華航空192便で帰ってくることにした。これは台南と関西空港を結ぶ便で、毎週火曜日と金曜日に1往復ずつ飛んでいる。192便は222便より早い時間帯のフライトだが、関空から「はるか」「のぞみ」のスジは意外に時間がかかり、自宅にたどり着くのは日付の変わった0時半ごろ。休暇は明日まで取ってあるので、できれば少しでも台湾の猫を紹介しておきたいところだが、5日間も留守にしておいて、帰った途端パソコンに張り付いたのでは家族に申し訳ないので、お休みにさせてもらうかも知れない。
 帰国日に紹介するのは今月4日、日曜日の早朝散歩で見かけた猫たち。相模原から橋本というほとんど実績のないコースで、厳しい結果になることは分かっていたが、たまに見かけるサバ渦白(ブルークラシックタビー白)の毛色写真を撮りたくて、チャレンジすることにしたのだった。
 ……しかし、あいにく拠点の民家にサバ渦白の姿はなく、代わりに佇んでいたのは二毛だった。
相模原市の猫

相模原市の猫

 まあ逃げるよね、この目つきは。
相模原市の猫

 8月末にも猫を見かけた路地にこの日も猫がいた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 君はあの時の華奢なお母さんじゃないの。たった2ヶ月でずいぶん印象が変わったねえ。
相模原市の猫

 「冬毛冬毛」
相模原市の猫

 カラスの鳴く声がして振り向くと、塀の上に目的のサバ渦白がいた。
相模原市の猫

相模原市の猫

 忙しそうだから、横からちょっとだけ撮らせてもらうね。
相模原市の猫

 うーん、模様が分からない。俺が知る猫の中で、ブルークラシックタビー白はこの子が唯一なので、近いうちにまたチャレンジしに来る。
相模原市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 調布市の猫
  3. 三浦市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP