続きの前に


立川市の猫

 今日は休養日のため一日中家に引きこもって過ごした。お昼前から洗濯機を2回まわして気分爽快と思っていたら、明日は朝から雨らしい。まだぜんぜん乾いていないし、コインランドリーまで行くのも面倒だし、仕方がないのでこれを書き終えたら部屋に干す。
 記事の方は昨日の猫サイクリングの続きを載せるつもりでいたが、よく考えたら10日に会った猫たちがまだだったので、そちらを先に紹介しとく。この日は曇っていて寒く、6.9km歩いて会えたのは4匹だった。場所にもよるが、1kmあたり1匹以下の割合になると、かなり淋しい結果といえる。今日は紙面(?)に余裕があるので、まずは我が家の2匹からどうぞ。
立川市の猫

 すやすや眠るサチコを見下ろすマコちゃん。マコちゃんはでかすぎて猫ちぐらに入れない。その代わりIKEAの猫ベッドは絶対に譲らない。
立川市の猫

 三者三様の寝姿で夜を明かし、俺は夜勤のため13時前に家を出た。この日の散歩は立川駅から立川駅までで、北口を出てぐるっと回って南口に戻るというコース。
 猫旅館近くの民家でキジトラ発見。
立川市の猫

立川市の猫

 胸元の白い毛は差し毛扱い。全身を見ないと分からないが、白斑遺伝子による白斑ではないと思う。
立川市の猫

 細い路地の向こうで黒いのが活動中。
立川市の猫

 嗅ぎ回っているな。
立川市の猫

 ねえねえ何してるの? 遊んでるの? 俺も仲間に入れておくれよ。
立川市の猫

 「鬱陶しいな。あっち行けよ」
立川市の猫

立川市の猫

 JTKの相方がスクーターに乗っかっていた。
立川市の猫

 梅雨時期になると決まって白癬が出てくる子。緑目のいい男なんだが、そのように撮れるのは冬場だけ。
立川市の猫

 最後に見かけたのは三毛子の子。
立川市の猫

 ねぐらのマンションが外壁工事に入ったため、道路向かいに避難していた。大きな集合住宅の外壁工事は長期に渡ることが多く、難民化した猫がねぐらや食糧を確保できずに痩せ細っていく姿を何度か見てきた。幸いここには面倒を見てくれる人がいるので、そのような心配はなさそうだ。
立川市の猫

 明日は雨だそうなので、朝の散歩はせずに、今度こそ猫サイクリングの続きを載せる予定。ただし残業で遅くなったらその限りではない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 冬山郷の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP