雨上がりにこまこま散歩


日高市の猫

 雨が上がるとは思っていなかったので、今日は終日家に引きこもるつもりだった。我が家の2匹も出かけないなら遊べとうるさかったが、予想に反してお昼前には止んで空が明るくなってきた。今日と明日はお休みで、どちらか片方だけ休養日にできればいいので、少しだけのつもりで散歩に出ることにした。
 歩いたのはこまこまコース。西武池袋線の高麗からJR八高線の高麗川に至る約6kmの区間だ。2ヶ月前にも行ったばかりだが、あの時は夜勤明けで生ける屍状態だったので、どこをどう歩いたのか記憶が定かでない。今日も疲れが残っている感じで、全区間歩くかどうか決めかねていたが、いつも立ち寄る猫民家までは行くつもりでいた。
 1匹目は高麗駅近くの農家に住む三毛から。会うのは約半年ぶり。
日高市の猫

 相方の長毛二毛も元気そう。この2匹はとても仲が良くて、特に二毛の方が甘えているように見える。娘なんだろうか。
日高市の猫

日高市の猫

 長毛にひっつかれて暑苦しかったのか、離れた場所に逃げてきた。
日高市の猫

 ごろん。
日高市の猫

 定点の猫民家に差しかかると、大きな桜の木の下から猫が出てきた。
日高市の猫

日高市の猫

 この子はとても人懐っこい子。一通り遊んだあと、オオイヌノフグリの咲き乱れる草むらに落ち着いた。北海道育ちの俺は、春の訪れを告げるこの花がとても好きだ。
日高市の猫

日高市の猫

 桜の木の下にもう2匹。
日高市の猫

 黄色い瞳と青い瞳がこちらを見ていた。
日高市の猫

 「ん?」
日高市の猫

 「動いているぞ。くんくん」
日高市の猫

 「なんじゃこりゃああっ!!」
日高市の猫

 「うちの子で松田優作ごっこしないでくれる?」
日高市の猫

 猫民家のあとは芳しくなく、次に見かけたのは、ほとんどゴール地点に近い栗畑。黒いのが佇んでいるのが分かるかな。
日高市の猫

日高市の猫

 呼ぶと鳴くんだが、そのたびに離れていく。これは避けられていると考えて良いのだろうか。
日高市の猫

 黒を尾行して住宅街に入ると、今度は茶色い背中が見えてきた。
日高市の猫

日高市の猫

 呼んだら面倒くさそうに振り向いた。黒のお友達かな。
日高市の猫

 カーポートの奥には茶トラ白もいた。
日高市の猫

日高市の猫

 いつの間にか栗畑の黒も出てきていた。時刻は16時近くで、そろそろ夕食の時間かな。
日高市の猫

 曇っているので暗くなるのも早い。俺も家に帰ろうと思って歩き出すと、畑のキジ白がこちらを見ていた。
日高市の猫

 おトイレのあとだったらしい。おそうじおそうじ。
日高市の猫

 おーい、待ってくれー。
日高市の猫

 そんな一部始終を高みから眺めているのもいた。
日高市の猫

 築堤になっているこの場所は廃線跡で、先日までは線路が敷かれたままだったが、今日来たらこのような有様になっていた。こんな田舎でも街の様子は刻々と変わっていくなあ。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 江東区の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP