しかめっ面のまだら君


府中市の猫

 驚愕の黒白。
府中市の猫

 「ひえー。すたこらすたこら」
府中市の猫

 仕事帰りの1匹目は目が合っただけで逃走。
 今日はもともと谷保~矢川を歩くつもりでいたところ、登戸から乗った電車が快速で、稲城長沼で各駅停車との接続もなかったので、予定を変更して分倍河原からスタートすることにした。分倍河原の次は終点の立川まで止まらないし、後続の各駅停車を待ってまで、どうしても矢川に行きたかったわけでもない。最近は夜勤が続いている上、日中暑くて寝不足気味なので、早く帰って寝たいという思いが強い。
府中市の猫

 分倍河原を出発して20分後、定点の猫民家に到着。正面には誰もいなかったが、裏の日陰で休んでいるのがいた。
府中市の猫

府中市の猫

 舌を鳴らしたら眠そうな顔で振り向いた。塀の穴から写真を撮らせてくださいな。
府中市の猫

 穴越しにレンズを向けているところ。猫の目には、さぞかし怪しく映っているのだろうな。
府中市の猫

 ありゃ、こっち来るの。
府中市の猫

 地面に下りられると死角になって、そのまま見失ってしまった。次に見かけたのは古墳神社の近傍に住む黒。
府中市の猫

府中市の猫

 寝そべるでもなく、敷地に佇んで風に当たっていた。このころ気温は23.5℃ほど。
府中市の猫

 とあるマンションの庭でキジトラが遊んでいた。
府中市の猫

 このマンションには猫を飼っている部屋がいくつかあって、時々窓辺に佇んでいるのを見かける。時にはリードをつけて外に出しているのだな。
府中市の猫

 散歩の最後は、鉢割れまだら君の家にお邪魔した。これは尻尾で挨拶しているところ。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつはやや上目遣いなせいか、あんまりフレンドリーには見えないんだけれども……、
国立市の猫

 実はとても人懐っこい。久しぶりに会えたのでたくさん撫で回して、最後に家主の親父さんにお礼を言って辞去した。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  8. 杉並区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP