しかめっ面のまだら君


府中市の猫

 驚愕の黒白。
府中市の猫

 「ひえー。すたこらすたこら」
府中市の猫

 仕事帰りの1匹目は目が合っただけで逃走。
 今日はもともと谷保~矢川を歩くつもりでいたところ、登戸から乗った電車が快速で、稲城長沼で各駅停車との接続もなかったので、予定を変更して分倍河原からスタートすることにした。分倍河原の次は終点の立川まで止まらないし、後続の各駅停車を待ってまで、どうしても矢川に行きたかったわけでもない。最近は夜勤が続いている上、日中暑くて寝不足気味なので、早く帰って寝たいという思いが強い。
府中市の猫

 分倍河原を出発して20分後、定点の猫民家に到着。正面には誰もいなかったが、裏の日陰で休んでいるのがいた。
府中市の猫

府中市の猫

 舌を鳴らしたら眠そうな顔で振り向いた。塀の穴から写真を撮らせてくださいな。
府中市の猫

 穴越しにレンズを向けているところ。猫の目には、さぞかし怪しく映っているのだろうな。
府中市の猫

 ありゃ、こっち来るの。
府中市の猫

 地面に下りられると死角になって、そのまま見失ってしまった。次に見かけたのは古墳神社の近傍に住む黒。
府中市の猫

府中市の猫

 寝そべるでもなく、敷地に佇んで風に当たっていた。このころ気温は23.5℃ほど。
府中市の猫

 とあるマンションの庭でキジトラが遊んでいた。
府中市の猫

 このマンションには猫を飼っている部屋がいくつかあって、時々窓辺に佇んでいるのを見かける。時にはリードをつけて外に出しているのだな。
府中市の猫

 散歩の最後は、鉢割れまだら君の家にお邪魔した。これは尻尾で挨拶しているところ。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつはやや上目遣いなせいか、あんまりフレンドリーには見えないんだけれども……、
国立市の猫

 実はとても人懐っこい。久しぶりに会えたのでたくさん撫で回して、最後に家主の親父さんにお礼を言って辞去した。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 秩父市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP