焼けぼっくいに火?


立川市の猫

「腕の中に入れてくださいな」と 、柔らかな肉球が遠慮がちに頬をつついたのは午前1時。腕を上げて隙間を作ってやると、ぴったりそこに丸まって、すぐにごろごろと喉の鳴る音が聞こえてきた。
 最近サチコはとても甘えっ子になっていて、一人にしておくと淋しがって大きな声で鳴き続ける。例年ならこんな暑い季節に一緒に寝たりはしないのに、今年に限っては、俺が寝床に入ろうとすると、すぐにその後を追って階段を上ってくる。腕枕というのはとても寝苦しいもので、以前は布団に入ってきても無情に薙ぎ払っていたが、肉球爪なし→爪あり→頬舐めと、真綿で首を絞めるようにエスカレートしてくるので、最近はすぐに腕の中に入れてやることにしている。
 一昨日は仕事が忙しくてブログを更新する気力がなく、昨夜は頭が痛くて動けなかった。どちらも散歩には出たので、今日は一昨日(11日)の出勤前に見かけた猫たちの写真29点を紹介する。
 この日は4連続日勤の最終日。拝島の猫拠点の紫陽花がそろそろ見ごろかなと思い、下見を兼ねて駅から某巨大神社まで歩くことに決めていた。職場までかなり遠回り(というか逆方向)なので、翌日が休暇の日を選んだのだった。仕事が忙しいことを考慮してのことだったが、結果的にはそれでもやはりくたびれ果てて、休載する羽目になったのは前述の通り。
 家を出たのは5時半。猫が動き出すには早すぎるかと思ったが、天気が良かったせいか、すでに武蔵が近所を嗅ぎ回っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 朝から落ち着きのない武蔵。カメラを向けるといつもイカ耳になってしまう。
立川市の猫

 この日は朝のうち雨との予報だったので、2〜3匹カメラに収まってくれれば御の字と思っていたが、蓋を開けてみたらご覧の通りの空模様。薄雲で日差しが白んでしまうため写真はとても撮りにくく、これならむしろしとしと雨の方がいいくらいだった。
 拝島の1匹目は定点で惰眠を貪るキジ白4号。以前ここには屋根があったので、雨の日にもよく見かけた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 気づいてはいるのに、いくら呼んでもこちらを見ようとしない。
昭島市の猫

 頑ななキジ白4号に比べると、キジ白3号はとても積極的。軽く舌を鳴らしただけで自宅から飛び出てくる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 引っ越してから5年近く経つのに、覚えていてくれるなんて嬉しいね。
昭島市の猫

 近所の紫陽花は今年も咲いていた。6年前にもモデルになってもらった場所。
昭島市の猫

 付き合ってもらったお礼に、高級カリカリをひとつまみ与えてその場を辞去した。
昭島市の猫

 定点の猫民家で久しぶりに麦わらを見かけた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 朝早くから起こされて機嫌悪そう。ええとその、モデルは君の相方にお願いしようかな……。
昭島市の猫

「ああん?」
昭島市の猫

 こちらも顔見知りの鉢割れ灰白。2匹揃って会うのはとても久しぶり。
昭島市の猫

 行く手の猫シルエットが見えるかな?
昭島市の猫

昭島市の猫

 呼んだら首をもたげた。君は向かいの家の麦わらちゃんだね。
昭島市の猫

「向かいの家」からは、さらなる猫の鳴き声が。あの子は初めて見る顔だな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 赤い首輪をつけているので飼い猫だろうけど、ずいぶん臆病だね。
昭島市の猫

 不審者を見る目つき。何にもしないから出てきてー。
昭島市の猫

「……」
昭島市の猫

 散歩を終えたのは7:45。某巨大神社前から立川駅北口行きのバスに乗り、少し手前で途中下車して、付近の猫スポットを回ってみたもののどこも空振り。失意のままとある路地に差しかかると、道端から猫の鳴く声が聞こえてきた。
立川市の猫

 誰かと思ったら美人人妻三毛ちゃんじゃないの。元気にしてたかー。
立川市の猫

 最後に会ったのは2018年5月。面倒を見ていた家がスケルトンリフォームで長期間の工事に入り、去年の春に完成して人が住み始めてからも猫の姿をまったく見なかったので、もう会えないだろうと思って諦めていた。こういう再会、本当に嬉しい。
立川市の猫

立川市の猫

 家の主人にご飯をもらって落ち着いたところ。以前より毛並みもきれいになったみたい。本名はトラちゃんというそうだが、このブログでは人妻という仮の名前が定着しているので、今後もこのままで行く(名前の由来になった記事はこちら)。これに茶トラ白の旦那が戻ってきてくれれば、再び文春的展開となるわけだが、果たしてあいつは無事にしているのだろうか。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 世田谷区の猫
  3. 立川市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 青梅市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP