ベッドだってば


八王子市の猫

 現在の職場は丘陵地に切り開かれた造成地の一角にあって、1980年ごろの航空写真を見ると、付近には痩せた畑が点在するぐらいで、一軒の民家もない見事な山林だったようだ。多摩ニュータウンの中では最も遅く入居が始まり、それがバブル崩壊後だったせいか、中途半端に開発が中断しているようで、空き地はまだまだあるのに槌音は途絶えている。平たく言えば侘しい場所であり、人の声も猫の声もほとんど聞こえない。
 職場から京王堀之内駅までは、だらだら坂を下りて20分ぐらいかかる。この京王堀之内という駅も、俺が東京へ来たころは影も形もなくて、そのころの京王相模原線は多摩センター止まりだった。もちろん多摩モノレールもなかったし、小田急多摩線も唐木田は未開通だったから、もし当時ここへ行くとしたら、南武線に乗って稲田堤で京王相模原線に乗り換えて、多摩センターから職場まで1時間近く歩くことになっただろう。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の夜勤明けは、職場から京王堀之内駅までの間に3箇所ある猫拠点に寄り道してみた。あまり当てにならない(出現率の低い)猫拠点ではあるが、雨上がりで涼しい朝だったせいか、そのうち2拠点で猫に会うことができた。
八王子市の猫

 砂利の駐車場で遊んでいた茶色い猫たち。どちらもまだ若い感じだ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 茶トラはとっとと逃げて、残った茶トラ白は蚊にロックオンされていた。
八王子市の猫

 ちなみにこの子は先月初めて会った子(こちら)。この猫拠点も今日が2度目。
八王子市の猫

 だらだら2号近影。
八王子市の猫

 かつては定点だっただらだら坂の猫拠点は、人懐っこい1号がいなくなってからというもの、足が遠のいてしまった。2号は元気にしているようだが、なかなか会えない上に警戒心が強くて、カメラに収まることは滅多にない。
八王子市の猫

 今日はもう1箇所寄り道。稲城で途中下車して、南武線の南多摩まで歩いてみた。途中、白猫の住む民家を訪ねてみると、縁側の寝床でまったりしているところだった。
稲城市の猫

 それトイレじゃないの。うまく再利用しているね。
稲城市の猫

 「失礼な。これは私のベッドだ」
稲城市の猫

 次も縁側。今日は涼しいからみんな寛いでいるな。
稲城市の猫

稲城市の猫

 道端にキジ白発見。ちょっと紛れてて分かりにくいかな。
稲城市の猫

稲城市の猫

 傍らにも1匹。
稲城市の猫

 しゃがんで写真を撮っていたら、ちょうど車が入ってきたので、道端の民家に退避したところ。この子もまだあどけない感じだが、顔が小さいからそう見えるだけかも知れない。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 国立市の猫
  6. 所沢市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  2. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  5. 川崎市の猫
  6. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  7. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  8. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP