雨宿り点描


昭島市の猫

 快晴だった昨日は家の掃除やら何やらで丸一日潰した。今になって考えると、恐らく3連休唯一であろう晴れの日を家事で潰すのはもったいなかった。別にその日じゃなくてもいいのに、なぜわざわざ汗だくになって部屋の模様替えまでしたのか、どうしても思い出せない。
 で、今日は一転してザー降り。天気図や雨雲レーダーと睨めっこしながら雨の合間を探っていたが、名古屋あたりからカムチャッカ半島まで伸びる停滞前線は、その名に違わずほとんど動く気配がない。結局止むのを待たずに市内を軽く歩いてきた。
 とはいえどんな天気でも猫はいる。会えるかどうかは、要するにそれを探す人間の気合いの問題だ。
昭島市の猫

 ほらいた。
昭島市の猫

 不穏な気配で目を覚ましたサビ。雨音より静かだと思うんだがなあ。
昭島市の猫

 この子は三毛。おでこや尻尾に黒い毛が混じっている。
昭島市の猫

昭島市の猫

 一歩前進したら身構えたので諦めた。この子には今までも何度か会っているが、これでも今日は近寄れた方だ。
昭島市の猫

 気温がほど良いせいか、みんな見えるところに出てきている。ありがたやありがたや。
昭島市の猫

 気温だけでなく、風がないのも理由の一つ。軒下にいても濡れないからね。
昭島市の猫

「お前が近寄ってくるから濡れたじゃないか」
昭島市の猫

 とある民家の玄関先で黒い塊がちんまりしていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 近寄ったら目がまん丸。金の首輪がよく似合う毛色だね。
昭島市の猫

 次の猫も二毛。濡れ縁でちょこんとしていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ん?
昭島市の猫

 おう……。
昭島市の猫

 二毛の背後には灰白君。君たちは寝ていても人の気配には敏感だなー。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP