用務先で猫散歩


羽村市の猫

 今日は夜勤明けに羽村市役所へ行く用があり、やたら蒸し暑い中、羽村から小作まで1駅歩いた。駅間距離の短い青梅線にあって、羽村~小作は2.4kmと比較的長く、これは御嶽~川井の2.8kmに次ぐ距離だ。もちろんあちこち寄り道しながら遠回りするので、結局は5kmぐらい歩くことになるが、その割に猫の方は芳しくなかった。目の付け所が悪いのか、それとも単なる巡り合わせなのか、この区間を歩いて盛況だったことは一度もない。
 最初の猫は、アパートの日陰で涼む2匹。
羽村市の猫

 お寛ぎのところ済みませんね。写真を撮りに来ましたよ。
羽村市の猫

 「いいけど、それ以上近づいたら逃げるからね」
羽村市の猫

 えー、ちょっとぐらいいいじゃーん。
羽村市の猫

 行っちゃった……。
羽村市の猫

 「お前のアプローチの雑さには本当に呆れるぜ」
羽村市の猫

 羽村~小作で見かけた最後の猫は三毛。敷地の奥からこちらを見つめていた。
羽村市の猫

羽村市の猫

 市役所と郵便局に行って用を済ませ、今度は羽村駅に向けて歩いていると、とある民家の庭に三毛がいた。
羽村市の猫

羽村市の猫

 ここは猫民家だったようで、奥の方にも複数のお尻や尻尾が見え隠れしていた。
羽村市の猫

 家の近くまでバスで帰ることにして、拝島で途中下車。以前よく利用していた煙草屋の裏手に、見覚えのある顔がいた。
昭島市の猫

 引くとこんな感じ。ちなみに駐車場の奥(6番の右下)にも1匹写っている。あれはたぶんこの子
昭島市の猫

昭島市の猫

 鼻黒の黒白は子猫のころからの顔見知り。交通量の多い道路脇に縄張りを構えていたので、だいぶ心配したんだが、駅前再開発が終わって新しい道路に車が流れるようになり、黒白の縄張りにも平和が戻ってきた。この街にふんぎりをつけるには、ちょうどいいタイミングかも知れない。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 奥多摩町の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP