週末特大号


昭島市の猫

 今日は散歩をお休みする予定だったが、早く目が覚めてしまったので、近所を少しだけのつもりで出かけてみた。朝の気温は昨日に続いて10℃と低く、雲も出ていたせいか、たくさんの猫に会った。そんなわけで今日は25枚を一挙公開。
 最初の猫は五鉄通りで発見。この坂道は割と急で、見た感じだと30‰ぐらいありそうだ。五日市鉄道の時代、130馬力の気動車じゃ登るの大変だったろうなあ。
昭島市の猫

 もう少し近寄りたかったが、車の下に引っ込んでしまった。残念。
昭島市の猫

 坂を下りて田園地帯に差しかかると、畑の脇で三毛が遊んでいた。カメラを向けたら逃げ腰になったが、そんなに怖がっているわけでもなさそう。
昭島市の猫

昭島市の猫

 畑の土盛りと納屋の隙間に落ち着いてしまった。棒とか邪魔だけど、可愛いからいいか。
昭島市の猫

 国道を渡ってさらに行くと、路地の脇に茶トラ白がいた。
昭島市の猫

 表情が物語っている通り、近寄ったら逃げた。
昭島市の猫

 某巨大神社に到着。お札販売所の上にいつもの黒白がいた。どうやら神社公認猫(?)らしいので、今日から神猫1号と呼ぶことにしよう。
昭島市の猫

 ここには相方の三毛もいたんだが、冬を越せなかったのか姿を消した。野良としてはかなり高齢の15歳だったこともあり、連日氷点下が続いた今年の冬は相当厳しかったのだろう。俺が会ったのは去年12月10日の一度だけ(こちら)。宮司さんが最後に見たのは12月17日だったというから、姿を消す直前だったようだ。
昭島市の猫

 最近ここも定番コースになってきた。だって行くと大抵いるんだもん。ていうか分かりにくい?
昭島市の猫

 猫はここ。
昭島市の猫

 この子は先月の初めにも会ったが(こちら)、あの時は首輪をしていなかったので、てっきり野良だと思っていた。
昭島市の猫

 窓の下には少しくたびれた感じの二毛が佇んでいた。今年の夏はあまり暑くならなければいいね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 某巨大神社から家に帰るには、徒歩でなければバスしかないが、あいにく駅に行くバスまで1時間以上ある。仕方がないので立川行き(こちらは毎時4本ぐらい)に乗り、西立川から電車で帰ることにした。
 バスから降りて、周辺を少し歩き回っていると、駐車場の奥にキジ白がいた。
昭島市の猫

 こいつは顔立ちも鳴き声もうちのサチコにそっくりだった。だからたぶん気が弱い。
昭島市の猫

 傍らでは茶トラ白が心配そうにしていた。やっぱりあいつは気が弱いに違いない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「トラ子さんに指一本触れてみろ、おいらの爪と牙が黙っちゃいないぜっ!」
 (別にいいのに)
昭島市の猫

 ちょっと勘違い気味のカップルをあとにして駅に向かっていると、木立の歩道にキジ白が座っていた。
立川市の猫

 うーん、ちょっと茶色が混じっているかなあ。もしかしたら美人さんの身内かも。
立川市の猫

 駅前の横断歩道を渡る猫1匹。
立川市の猫

 あれ、美人さんじゃない。今日はどうしたの?
立川市の猫

 ここら辺りも巡回コースらしい。……と自転車置き場のおじさんが言っていた。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 小金井市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP