遠征


青梅市の猫

 電車に乗ること1時間、バスに乗ること15分、さらに歩いて30分という、山間の小さな集落に行ってきた。2年ほど前にも妻と登山した時に通ったことがあって、その時は猫がたくさんいたので、今日も大収穫を期待したのだった。
 しかし世の中そんなに甘くなかった。行く前に調べたところでは、最高気温が28℃、天気は曇りということだったが、実際は晴れていてもっと暑かったので、猫なんか引っ込んでしまって出てきやしない。急峻な谷間の細い坂道を何度も登ったり下ったりしたが、結局収穫はなかった。鳴き声は聞こえたんだがなあ……。まあそれでも、地元の人とたくさん話せたし、ハイキングとしては楽しかった。
 この子は下の町に戻ってから、あちらこちら彷徨った挙句、やっとの思いで見つけた1匹。午後から小雨が降ってきて、慌てて撤収する時だったので、嬉しさもひとしお。あっという間に逃げられたけど。
奥多摩町の猫

 1匹じゃ淋しいってんで、青梅鉄道公園の園長「のら」でも撮ろうと寄ってみた。
 着いた時、すれ違った人に青梅駅までの道順を聞かれたので教えてあげたら、お礼に「園長は機関車の中で寝てましたよ」と教えてくれた。しかし、9両ある機関車はもちろん、館内をしらみつぶしに回っても見つけられなかった。今日はやることなすことスカばっかだ。
 その帰り道、坂道をとぼとぼ下りていたら1匹みっけ。
青梅市の猫

青梅市の猫

青梅市の猫

 その後、駅周辺の古い町並みをぐるぐる回っていたら、民家の庭に黒い塊を発見した。ちょうど家主の婆さんが出てきたので、世間話をしながら何枚か撮らせてもらった。たぶん兄妹なんだろうが、毛色やしっぽが微妙に違う。いちばん積極的なのは長男(長女)だろうか。
 暑い中、坂道ばかり歩き回ったので、今日はへとへとに疲れた。帰ってきてからGoogleの距離測定ツールで測ったら、13kmも歩いたらしい。なんだ、俺まだまだ行けるじゃん。
青梅市の猫

青梅市の猫

青梅市の猫

青梅市の猫

青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 藤沢市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 世田谷区の猫
  2. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  3. 八王子市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  6. 府中市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 相模原市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP