飛び地の猫


立川市の猫

 今朝はいい天気だったので、シャワーを浴びながらどこへ行こうか考えて、西立川から歩くことにしたんだが、駅のホームまで行ったら下り電車が先に来たので、1駅だけ乗って散歩することにした。俺は気まぐれキングだ。
 今日の狙いは飛び地。このブログでもたまに飛び地の猫を紹介しているが、より小さな飛び地で、どれだけ猫を見つけられるかにチャレンジしていたりする。一つ目の目的地では、労せずしてキジトラを発見した。実はこのコースは2回目なんだけれども。
福生市の猫

 首輪をしているので飼い猫なんだろうが、とても警戒心が強く、ちょっと足を踏み出した途端に、鈴の音を響かせながら逃げてしまった。
福生市の猫

 がっかりして振り返ったら、長毛の黒白が座っていた。この子も鈴の首輪をしているね。
福生市の猫

福生市の猫

 そこへ再びさっきのキジトラがやって来た。俺に気づくなりダッシュしやがった。
福生市の猫

福生市の猫

 車の下で黒白と合流。同じ家で飼われているのかも知れない。
福生市の猫

 一つ目の飛び地は充分堪能したので、次の飛び地に向かったが、そこはさらに難易度が高く、面積はわずか40m²で人口は8人。さすがに2回来ただけで見つけることはできず、次回に持ち越しとなった。なんか猫散歩の楽しみ方がタモリ化してきたな。
 次の猫は木陰で涼んでいた黒白。
福生市の猫

 面白い毛色だなと思ったが、よく見ると黒白のお腹の毛が退色しただけみたいだ。お母さん猫らしく、おっぱいがたっぷんたっぷん。
福生市の猫

 民家の庭にはキジ白がいた。今朝は割と涼しかったので、猫も日なたに出ている。
福生市の猫

福生市の猫

 その後、茶トラ駅長のいなくなった北口から最寄駅に戻り、電車で立川へ。ラブホ横丁ではサビ1号が木陰で休んでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼休みは暑すぎてまるでダメ。去年と違って、這いつくばって車の下を探す元気はないので、とりあえず七三ファミリーの兄弟を。
立川市の猫

 これは父。決まった場所に見知った猫がいるというのはありがたいことで、ずいぶん撮影の練習をさせてもらっている。
立川市の猫

 これは会社帰り。……といっても18時前なので、ぎりぎり何とか撮れる明るさだ。
立川市の猫

 こいつは時々この駐車場で見かけるが、隣でビルの建設が始まろうとしているので、縄張りが変更になるかも知れないなあ。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP