レンズ折れる


府中市の猫

 昨日、仕事を終えて自席を立ち、カメラバッグを肩にかけようとしたら、手が滑って床に落としてしまった。大した高さではなかったので、確認もせずにそのまま帰宅し、今朝家を出る段になってカメラを出したら、レンズがズームリングのつけ根から折れ曲がっていた。もう動かないだろうとは思ったが、折れていた部分を力ずくで元に戻し、そのまま出勤前の散歩に出て撮った写真が今日の猫たちだ。歩いたコースは府中競馬正門前から分倍河原まで。
 猫を見つけてシャッターを切っても、どうせまともに写らないだろうと思い、やる気のないままぶらぶらしていると、トイレに立ち寄った公園で小柄な猫が遊んでいた。
府中市の猫

 小柄な猫というか、子猫だね。顔立ちがあどけない。
府中市の猫

 茂みに潜んで、一点を凝視している。何を見ているのかと思って振り返ったら……、
府中市の猫

 とことこ。
府中市の猫

府中市の猫

 どこからか別のキジ白が水を飲みに来たのだった。
府中市の猫

 茶トラ白もいた。この公園、時々トイレに寄るけど、こんなに猫が出てくるとは知らなかった。
府中市の猫

府中市の猫

 子猫といっても、もう7~8ヶ月という感じ。頑張って葉っぱを振り回してみたが、まったく興味を示してくれない。
府中市の猫

 「そんな子供だまし……」
府中市の猫

 分倍河原へ至る道のりでもう1匹。フェンスの向こうに保護色モードの猫がいた。
府中市の猫

府中市の猫

 レンズの方は、今朝は何とかなったが、ズーム時に引っかかりがあったり、折れた部分に隙間があったりして、このまま使い続けるのは困難なことが分かった。幸いSIGMAのカスタマーサポートは職場から割と近いので、直接持ち込んで修理してもらうことにする。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP