懐かしの塀


立川市の猫

 昨日行くつもりだった廃線跡の緑道に今日行ってきた。俺はお休みだが世の中は平日であり、8時すぎにモノレールの立飛に着くよう出発したら、久しぶりにラッシュアワーにぶつかって、まったく座れないまま目的地に着いた。
 冬らしい好天が続き、空に遮るものがないから気温も下がって、8時を過ぎても氷点下のまま。あまり人出のない緑道を歩くこと20分で最初の猫グループに遭遇。2匹揃って充電中のようだ。
立川市の猫

立川市の猫

 最初は興味深げにこちらを眺めていたが、植え込みの切れ目から接近を試みたら、がさがさ音に驚いて逃げてしまった。朝っぱらからお騒がせして済みませんね。
立川市の猫

「やっと温まってきたのに、邪魔しないでくれよなー」
立川市の猫

 ゴメン顔の茶トラ白が住む駐車場。いるかなーと思って一回りしてみたが、隅っこでサバトラがじっとしているのみ。
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 もともと広い駐車場には数匹の猫が住みついていたが、しばらく前に半分ほどが宅地になって家が建ち、それきりゴメン顔には会えていない。チョビ髭の黒白もいない。みんなどこかで元気にしているんだろうか。
国分寺市の猫

 さらに歩いて緑道の終点に差しかかると、わずかな日なたからこちらを睨む猫がいた。
国立市の猫

国立市の猫

 ご飯前ならもっとたくさんの猫が集まっているはず。食後のまったりタイムと思われる。
国立市の猫

「ん?」
国立市の猫

「何だ何だ」
国立市の猫

 キジトラの背後には黒いのも潜んでいた。潜んでいてはご飯を食いっぱぐれるので、やはり食後と思われる。
国立市の猫

 民家の壁際に黒白が2匹。
立川市の猫

立川市の猫

 鼻黒の方は見覚えがある。完全な短毛猫だったはずと思い、過去の記事を見返したら、真夏の写真が出てきた。あの日は36℃まで上がって、死にそうになって散歩したっけな。
立川市の猫

「僕にも会っているのに忘れちゃったの」
立川市の猫

 学校裏の猫アパートに寄ってみたが猫の姿はなく、学校の敷地を覗いたら目が合ってしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 懐かしの生首スポットで生首発見。
立川市の猫

立川市の猫

 塀の向こうからこちらを見ていたのは三毛ちゃん。あの時の茶トラ白はすでにいない。
立川市の猫

 給湯器の上のささやかな世代交代。
立川市の猫

 今日の散歩の終着点は立川南。モノレールなら3駅離れているだけだが、思いっ切り遠回りして8.6kmも歩いてしまった。猫は庇の上で伸びている。
立川市の猫

 帰ったら俺もこのように寝なければならない。そう思ってモノレール駅へと急いだのだった。
立川市の猫

 平山へ戻ったのは11時すぎ。電車を降りて家路を急いでいると、山の斜面で寛ぐ猫がいた。
日野市の猫

日野市の猫

 時々見かけるクリーム白。もう少し懐いて欲しいので、今度は手土産でも持ってこようかな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 白河市の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  3. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 奥多摩町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP