京王御陵線沿線の猫


日野市の猫

 京王御陵線というのは、かつて北野~多摩御陵前を結んでいた京王電鉄の路線で、太平洋戦争が激化した1945年に不要不急路線として営業を休止し、終戦後も復活することなく1964年に廃止された。ただし休止区間が北野~多摩御陵前だったのに対して、廃止されたのは山田~多摩御陵前と2駅短い。これはなぜかというと、廃止を免れた北野~山田は、その後1967年になって京王高尾線の一部として復活したからだ。現在も山田駅の400mほど高尾寄りに北へ逸れる築堤が確認できるが、それはほどなく住宅地や道路に姿を変える。遺構は多くないが、不自然なカーブを描く住居区画にその名残を見て取れる。
 今日の猫関係業務はその廃線跡をなぞる散歩。9時ちょうどに山田に到着し、天気や良しと張り切って歩き始めたが、前半はなかなか猫が見つからない。廃線跡に沿って甲州街道を渡り、ようやく1匹目に遭遇したのは、出発から40分後のことだった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 早くも逃げ腰。塗り分けが個性的な子。
八王子市の猫

 眼窩が陰になって怖い顔に写ってしまった。冬は太陽高度が低いので、割と影ができにくいんだが、角度が良くなかったかな。
八王子市の猫

 かつて線路だった駐車場で猫発見。砂利の部分がかつての鉄道用地で、車の向きが枕木の向き。
八王子市の猫

 日陰は寒いはずなのに、じっとしたまま出てこない。
八王子市の猫

 ちなみに線路といっても地面に路盤があったのではなく、鉄橋を架けて、河岸断崖の高台へ渡していたようだ。近くにはコンクリート製の橋脚がいくつか残っている。
八王子市の猫

 アパートの通路に三毛がいた。ここもかつて線路があった場所。
八王子市の猫

八王子市の猫

 道路向かいには日なたぼっこ中のキジ白。この辺りは割と猫が多くて、今までも何度か見かけてはいたが、カメラに収まるのは初めてだと思う。
八王子市の猫

八王子市の猫

 逃走するキジ白の傍らでは、さっきの三毛が心配そうにこちらを窺っていた。
八王子市の猫

 高台の団地で日なたぼっこ中。
八王子市の猫

 「この裏に線路がなかったかって? 私7歳なんですけど」
八王子市の猫

 「何だかとてつもなく失礼なことを言われたような気がするわ」
八王子市の猫

 空き地の隅に猫が現れた。
八王子市の猫

 早くもバレておるな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 うーん、この雰囲気は逃げられるかも。
八王子市の猫

 予想通り逃走を図ったが、猫の習性で一時停止してくれた。廃線跡で見かけた猫は以上。
八王子市の猫

 散歩を終えて自宅近くまで戻ってくると、いつもの場所にアビちゃんが出ていた。
日野市の猫

日野市の猫

 今日はあまり気温が上がらず、日に当たっていないと寒い。風向きなどで、こまめに居場所を変えているようだった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 嬬恋村の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 和美鎮の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP