八王子を開拓


八王子市の猫

 今日の猫関係業務は八王子市街の開拓に行ってきた。
 このブログを開業したころは拝島から立川へ通勤していて、通勤時間が25分と短く残業もほとんどなかったので、職場を中心に歩き倒してたくさんの猫拠点を知ることができた。立川へ至るまでの区間も、もともと青梅線が私鉄だったこともあり、未開発な住宅街が多く残っていて、どこから猫が飛び出すか分からないドキドキ感があった。現在の職場は住所こそ八王子市だが、そこは多摩市や町田市との境に近い山中で、多摩ニュータウンと称する住宅街は存在するが、歩いて楽しい場所ではない。なだらかな丘陵地帯には木立もあるし、ザリガニの棲むせせらぎもあるが、それらは演出用に配置されたものだ。わざわざハイキングに訪れる人もいるようだから、東京しか知らない人は感心するのかも知れないが、田舎者の俺の心には響かない。
 今の家から職場に至るまでの間で、立川時代のような雰囲気を持つ街というと、八王子市街しかない。京王八王子までたった3駅なのに、同じ場所を巡回するだけではもったいないと思い、今日はいつもとは違った道を通って、西八王子まで歩くことにした。
 家を出たのは9時すぎ。曇っていたのでそれでも早いかなと思ったが、茶ファミリーの拠点には三毛が出ていた。
日野市の猫

 睨んでるように見えるかも知れないが、そうではなく、猫は近視だから目を細めているんである。物事はポジティブに捉えなければならない。俺は近視の女の子が眼鏡を外した時の表情が好きだった。
日野市の猫

 猫が好きな理由の一つはそれだったりして?
日野市の猫

 ……とはいえ、あれは睨んでいる顔つきだな。
日野市の猫

日野市の猫

 電車に乗るまでに見かけた猫は以上の2匹。
日野市の猫

 京王八王子から歩き始めて、細い路地から路地へと綱渡りのように歩いてみたが、そう簡単には見つけられないのが猫。新規区間で会えたのは駐車場に佇んでいた2匹に留まった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ああっ、行かないでー。
八王子市の猫

 微妙な姿勢で立ち止まったキジトラ。
八王子市の猫

 サバ白はご覧の有様。デートの邪魔して済みませんね。
八王子市の猫

 ここから先は何度も歩いた道。空き地の隅にキジ白発見。
八王子市の猫

 逃走を図ったため、先回りしてみた。止まっちゃってるね。
八王子市の猫

 屋根の上からこちらを見つめる視線あり。
八王子市の猫

八王子市の猫

 俺が手出しできないことを知って、余裕かましているな。わずかにレッドが混じっているような気もするが、キジ白に分類しとく。
八王子市の猫

 とある駐車場の隅に3匹の猫が集まっていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 キジ白君たちはまだ幼い。ここらの猫は一通り知っているつもりだったが、また新しいメンバーが増えたようだ。
八王子市の猫

 キジトラは早くも逃げ腰。お母さんじゃなさそうだね。
八王子市の猫

 「……怪しいヤツ」
八王子市の猫

 怪しいヤツの気配を察して、わざわざ出てくる猫もいる。
八王子市の猫

八王子市の猫

 自分から出てきたのに、勝手に驚いて逃げてしまうのもいる。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 檜原村の猫
  3. 国立市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP