転がる人妻


立川市の猫

 久しぶりにブアイソーズの面々に会いたくて、今朝の散歩は矢川から開始したが、スタート時刻をどうするか決められず、悩んだ結果訪れた8時半は遅すぎて誰も残っていなかった。ブアイソーズの朝食は7時ごろ始まることになっているが、日の出の遅い冬季は30分か1時間ぐらい遅れるのが習わしになっている。3月とはいえ、まだそんなに日が長くなったわけではないし、今朝は曇って暗かったので、遅めの時間に賭けてみたんだがダメだった。出勤前にまたチャレンジしてみる。
 自宅を出たのは7時半すぎ。まずは電車に乗る前に見かけた、茶ファミリーの2匹から。
日野市の猫

 樹上の茶トラ白はめっちゃ警戒心が強く、ちょっと近寄るとすぐに隠れてしまう。
日野市の猫

日野市の猫

 一方こちらは酸っぱい顔でまどろんでいる。
日野市の猫

 朝食が終わって閑散としたブアイソーズ公園。後片付けの婆さんと黒白が1匹残っていた。
国立市の猫

国立市の猫

 君はいつもゆっくりだから助かるよ。
国立市の猫

 残り物を求めて鳩が集まっている。婆さん待ってるより鳥食べた方がお腹いっぱいになるんじゃないの?
国立市の猫

 北町バス停を目指して散歩開始。とある路地の屋根の上に1匹発見。
国立市の猫

 機嫌が悪そうなキジ白。左耳が芳しくないようだ。
国立市の猫

 怒りんぼさんの路地ではイケメン黒白を見かけた。植物園みたいなアパートの敷地に佇んで、時折短く鳴いていた。
立川市の猫

立川市の猫

 豆腐屋からびっくり工務店へ至る路地に入ると、民家の敷地に2匹の猫がいた。ここで猫に会うのは久しぶりかも。
立川市の猫

 「もう1匹はきっと分からないと思うの」
立川市の猫

 正解はこちら。
立川市の猫

立川市の猫

 物置の上の麦わらを追ってきたらしく、くぐもった声で鳴きながら去って行った。
立川市の猫

 定点の猫路地に猫がたむろしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 「3匹だと思った? 突き当たりの車の下にもいるんだよ」
立川市の猫

 しかし、見直した時には全員散っていたのだった。逃げ足速すぎ。
立川市の猫

 散歩の最後は猫民家の三毛。天気が悪くて寒かったせいか、思ったほどは会えなかった。
国立市の猫

国立市の猫

 散歩を終えて腹ごしらえを済ませ、北町からバスに乗って立川駅前に出た。モノレールの駅へ向かう前にちょっとだけ寄り道。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

立川市の猫

 転がっていたのはお気に入りの人妻三毛ちゃん。庭は荒れたが人は住んでいるらしく、定期的にご飯とお水をもらっているようだ。この子も長い付き合いになり、過去に遡って写真を眺めることも多いので、今後は人妻という仮の名前でタグ付けすることにする。最初のころキジ白と見間違えていたこともあり、大量の記事から探し出すのが大変だった。
立川市の猫

 お休みは今日でおしまい。次の連休は26~27日だから、桜が咲き始めているかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 調布市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  4. 小金井市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP