紫陽花に挑戦中


国分寺市の猫

 今朝の散歩は某専用線跡の遊歩道。桜の季節に行った時は桜の木がなくてがっかりしたわけだが、今回は紫陽花があることを期待して行ってみることにした。天気は明るめの曇りで、散歩開始は7:15。距離からするとちょっと遅めのスタートだ。
 最初に見つけたのは、民家の給湯器の上にいた黒。辛うじて紫陽花の花も写っているということで。
立川市の猫

 起こしちゃったかな。悪いね。
立川市の猫

立川市の猫

 見た目とは裏腹に、のほほんとした感じの子だった。
立川市の猫

 市境を越えて間もなく、駐車場の隅に黒白を発見。限りなくチョコ白に見えるが、光の加減かも知れない。
国分寺市の猫

 葦簀の陰にはサバもいた。どちらも臆病なので、いつもすぐに車の下に逃げてしまうんだが、今朝は何とか持ちこたえた。
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 そこへ茶トラ白がにゃあにゃあ鳴きながらやって来た。
国分寺市の猫

 お腹が空いているのかい? 悪いがご飯はないのだよ。
国分寺市の猫

 こいつの模様が分からん。ブルークラシックタビーかなあ。
国分寺市の猫

 さらに市境を越えて遊歩道の終点に着くと、ちょうど巡回を終えたらしいキジ渦白が帰ってきた。
国立市の猫

 挨拶もそこそこに、ごろーん。
国立市の猫

 こいつは人懐っこすぎて、すぐに足許に寄ってくるので、写真を撮るのがなかなか難しい。体を掻いている隙に1枚。
国立市の猫

 お昼休みの散歩は久しぶりに少し遠くまで行ってみたが、猫がいたのは会社の近くばかり。手始めにチョビ1号邸を覗いてみたら、白くて小さなのが庭に出ていた。黒白の子供もいたが逃げてしまった。
立川市の猫

 白の子がいるということは、父か母のどちらか(あるいは両方)も白のはずだ。ということは、親はあの猫かなあ。
立川市の猫

 久しぶりに見かけた茶トラ白。時々外に出してもらえるらしい。必ず紐で繋がれているのは、それだけ大切にされているということだろう。
立川市の猫

立川市の猫

 最後はお尻をダブルで。耳はしっかりこっち向き。
立川市の猫

 ちょっとこっちを向いてもらえませんかね。
立川市の猫

 「ああん?」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 羽村市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP