低体温につき


立川市の猫

 今日は夜勤のため14時ごろ家を出て、猫散歩のあと電車で西国分寺まで行ったが、体調が悪くなってきたので、職場に連絡して引き返した。帰宅前に駅前の病院に寄って、儀式的に渡される体温計で体温を測ったら、何と34.9℃しかない。こいつはおかしいってんでもう一度測り直したら、今度は34.4℃しかない。冷え性ここに極まれり。体の内部まで34℃台だったら生死の境を彷徨っているところだが、寒い日に外を歩き回ったあとのことだから、表面に近い部分が低くなっていたのだろう。病名を出せずに唸る医師に助け船を出して、偏頭痛に効くという薬を3錠だけもらってきた。
 散歩の方は自宅から立川まで。天気は良かったが気温は低く、思ったほどは見つけられなかった。最初に見かけたのは自宅近くの灰色猫。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子に会うのは10日ぶり2回目。前回は屋根の上だったが、今日は地上に降りていた。人懐っこい子のようだね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 西日が眩しくて、今日もしかめっ面。撫でるまでには至らなかったが、脈はありそうだ。
昭島市の猫

 引っ越してきてから何度か訪れて、定番となりつつある物置。いつものキジトラが定位置で日なたぼっこしていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子はいつもうつむいている。カメラを向けたら、余計うつむいてしまった。
昭島市の猫

 定点の崖線に今日も猫がいた。
立川市の猫

 はるか彼方を望遠端で撮っているが、すでにバレていて、か細い声でにゃあにゃあ鳴いている。ただしまったく懐いてはいない。
立川市の猫

立川市の猫

 気温は6℃ほど。昨日の雪はまだまだ解けない。
立川市の猫

 今日は定点に頼る日。いつもの猫路地に入ると、屋根の上に雪ではない何かがいた。
立川市の猫

立川市の猫

「やっぱり保護色にはならないか」
立川市の猫

 日陰でじっとしているのもいた。
立川市の猫

 時刻はちょうど15時だが、すでに民家の庭に日差しは届かない。
立川市の猫

 最後に人妻三毛ちゃんちに寄ってみた。雪の積もった庭を歩く猫1匹。
立川市の猫

 何度か見かけたことのあるキジ白だった。たぶん近所の野良だと思うが、確認したわけではないので分からない。三毛ちゃんやその旦那の姿は見えなかった。庭の隅の猫ボックスで丸くなっているのかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 台北市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP