« 3月 2019 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019-04-16
おいしい牛乳の儀

 こんなのまだまだ暑くないと啖呵を切ったのも束の間、今日の散歩は丘陵地帯を小一時間歩いただけでヘタレてしまった。予定ではまだらファミリーの高台(川崎市麻生区)と谷戸の公園(東京都多摩市)をハシゴすることにしていたが、最初に訪れた高台に誰もいなかったことで、やる気の8割ほどが失われてしまい、永山からバスに乗り聖蹟桜ヶ丘でインドカレーを食って家に帰ってきた。まあ長いことやっているのでこういうこともある。
 その穴埋めをしてくれるのは日高市の猫たち。12日のこまこま散歩の後半が残っているので、お花見気分が冷めないうちに紹介しておく。
 里山の一本道で人懐っこい3匹と戯れたのが前回までの記事。夢中になって遊んでいたので1時間半も経ってしまい、そろそろお腹が空いてきた。街道沿いのコンビニで朝食を買い込んで、猫たちの集う休憩ポイントへ向けて歩いていると、大きな桜の木の下で2匹の猫が対峙していた。
日高市の猫

 尻尾を膨らませ、大きな声で鳴き合っている。
日高市の猫

 あらら、ヘタレちゃった。
日高市の猫

日高市の猫

 芝生の上にはいつものメンバー。先ほどの茶渦白(レッドクラシックタビー白)は隣の家の子。
日高市の猫

日高市の猫

日高市の猫

 俺はこれから朝ご飯を食べるけど、パンと牛乳を巡ってバトるのはワンパターン化してきたから、ちゃっちゃっと済ませちゃうよ。
日高市の猫

 ……つっても通用しないか、やっぱり。
日高市の猫

 「くんくん。今日はとりわけいい匂いがするぞ」
日高市の猫

 「まさか一人占めしようって魂胆じゃないだろうな」
日高市の猫

 うう、圧力がすごい……。
日高市の猫

日高市の猫

 ああっ、やられたっ。
日高市の猫

 「ナイスペロ!」
 「おう」
日高市の猫

 中には離れたところで余裕かましているのもいる。基本的にここの猫たちは普段からいいものを食べている。
日高市の猫

 さて、セレモニーが済んだので次行くか。
日高市の猫

 おいしい牛乳の儀を無事に済ませ、高麗川駅へ向けて再び歩き出す。里山といっても標高は80mほどに過ぎず、ソメイヨシノは大部分が見頃を過ぎている。花びらでピンク色に染まった里道を歩くこと30分で次の猫が見えてきた。
日高市の猫

日高市の猫

 白かと思ったら三毛だった。この家で猫を見かけたことは何度かあるが、カメラに収まるのは今回が初めて。
日高市の猫

 塀の向こうに短毛の黒三毛もいた。何しろここの猫はとても警戒心が強くて、いつも逃げられてばかり。
日高市の猫

 今日はいったいどうしたの。
日高市の猫

日高市の猫

 区画整理された住宅街にも猫の気配。
日高市の猫

 ご飯待ちと思しきキジ渦白。鳴き声が聞こえたので気づけた。
日高市の猫

 「君を呼んだんじゃないけどな」
日高市の猫

 廃線跡の築堤を歩いていると、眼下に白い猫発見。あれは先月24日、高麗川〜西大家を歩いた時にも会った子(こちら)。
日高市の猫

日高市の猫

 前回は懐いてくれたのに、この日は冴えない天気のせいか、反応が鈍かった。
日高市の猫