ゆっくりちゃん休養


日野市の猫

 ゆっくり1号は屋内で療養生活をしているそうだ。今朝の散歩でねぐらを訪ねたら、寝床の筵はもぬけの殻で、代わりに療養中と書かれた紙が貼ってあった。どんな状態なのか分からないが、1月末ごろからくしゃみが止まらずにいたことは知っている。外暮らしは体に堪えるだろうから、この機会にゆっくり休んでくれればいいと思う。彼女を知るのは俺だけではないし、会えずとも遠くで安否を気遣う人もいるから、貼り紙の主の心遣いは大変ありがたい。
 今日は日勤のため家を出たのは6時少し前。行く手の道端にアビちゃんがいた。
日野市の猫

 毎度のことながら逃走モード。時間をかけてアプローチできればいいんだが、近所すぎてやりにくいんだよなあ。
日野市の猫

 立川駅から散歩を開始したのは6:50だったが、そんな時間から日差しが禍々しい感じで、無理をしたら死ぬのではないかと思うくらいだった。実際には真夏日なったわけでもなく、あまり体調が良くなかったからそう感じたのかも知れない。いくつかの猫拠点で空振りしたあと、ゆっくり駐車場で冒頭の貼り紙を見つけ、引き返そうとしたら黒がいた。
立川市の猫

 君はゆっくりちゃんの知り合いかい? もし会ったらお大事にって伝えておいてくれよ。
立川市の猫

 三毛子のマンションに三毛子の子がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 ほかのことに気を取られているのか、珍しく逃げられずに接近できた。
立川市の猫

 出産のため人前から姿を消していた三毛子が、2匹の子猫を連れて再び現れたのは、5年前の夏だった。1匹は里親にもらわれて行き、残ったこいつはマンションのマスコット的存在になって現在に至る。初めて会った時はこんなんだった。
立川市の猫

 猫の草むらで猫発見。
立川市の猫

 潜んでいたのはクリームポイント。先週は薄色三毛だった。来週もまた来てみようか。
立川市の猫

 散歩の最後は怒りんぼさんの路地。
立川市の猫

 常駐のキジトラを久しぶりに見かけた。
立川市の猫

立川市の猫

 こいつはカメラが苦手で、これ以上の接近は無理。ただし甘えっ子なので、カメラさえ隠していれば、ごろーんとかすりすりとか色々やってくれる。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP