やや秋色の奥多摩猫集落(1)


奥多摩町の猫

 よく晴れた今日は、秋の恒例行事となった、奥多摩の猫集落を訪ねるハイキングに行ってきた。できればもう少し紅葉してからの方が良かったが、山の猫たちが元気にしているか気になって、我慢できなくなった。
 最寄り駅から奥多摩までは1時間余り。距離は30kmほどしかないから、競合相手のない青梅線がいかにちんたら走っているかが分かる。バスの時間まで足慣らしということで、氷川の街を歩き始めたのは7時半。朝日を浴びてコントラストの高い山並みのもと、最初の猫を発見した。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 近寄っても眼中にない感じ。視線の先を辿ってみると……、
奥多摩町の猫

 道路の向かいに三毛がいた。
奥多摩町の猫

 この子はいつも見かける子。朝のうちはたいていこの場所で固まっている。
奥多摩町の猫

 でもカメラは苦手。近寄りすぎるとこうなる。
奥多摩町の猫

 そんな様子を眺めるのがさらに1匹。こいつに会うのは久しぶりだなー。
奥多摩町の猫

 動きがないので反対側に回ってみる。この辺りは意外にクラシックタビーの猫が多くて、こいつの毛色もブラウンクラシックタビー白。正面からだと白斑が多いので、3年前に初めて会った時の写真がいちばん分かりやすいかも。
奥多摩町の猫

 ご無沙汰だねー。2年ぶりだけど覚えてるかな?
奥多摩町の猫

 「……」
奥多摩町の猫

 まあそうだよな……。でもこいつは人懐っこい子。猫集落の帰り道、もう一度通ったらまだいて、大きな声で鳴きながらごろごろしてくれた(動画はこちら)。
奥多摩町の猫

 そして半年ぶりの猫集落ゲートに到着。今日も見張りが出ているね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 君は初めて見る子だね。今日は君たちの写真を撮りに来たんだよ。
奥多摩町の猫

 「おうちの人はお出かけしているの。またあとで来てくれる?」
奥多摩町の猫

 先に上の縄張りに行ってみることにして、高巻きに回って杣道を下りていると、水場でキジ白に出くわした。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 細い杣道なので避けようがなく、そのまま進んだら当然逃げた。
奥多摩町の猫

 ここは冬が近くなると、紅葉だけでなく、柿や大根が吊してあったり、時間によってはかまどの煙が上がっていたりして、なかなか趣のある場所なんだけど、そういうのを期待するにはやっぱり少し早かったなあ。
奥多摩町の猫

 人間の考えることって、時間が経ってもそう変わらないらしく、2年前も同じように訪れて、同じように逃げられたことを思い出した。あの時はキジトラだったけれども。
 今回もたくさんの猫に会ったので、今日はここまでにしておいて、残りはまた後日ということで。次回は上の縄張りの猫たちを紹介する予定。
奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 基隆市の猫
  6. 青梅市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP