額の紋章


川崎市の猫

 猫を探して住宅街を歩いていると、いきなり犬に吠えられて、びっくりして飛び上がりそうになることが時々ある。あちらは不審者に向かって吠え立てるのが使命であるから、大人しくその場を離れればそれで済む話だが、中には24/365で吠え続けるのがいるから困ってしまう。旧居の平山で引っ越しを考えていた時、今住んでいる分倍河原の家のほかにもいくつか候補あって、その中に福生駅近くの4階建てのマンションがあった。青梅線の線路端で(鉄オタなのでこれはプラス面)、ペット可で、最上階の角部屋で、広いルーフバルコニーがついているという魅力的な物件だったが、エレベーターがないのが玉に瑕だった。自分の足で上り下りして決めようということになり、夫婦で物件を見に行った結果、階段はそれほど問題ではなく、近隣の部屋の窓辺に猫が佇んでいたりもして、すっかり気に入ったんだが、隣の部屋の犬がのべつ幕なし吠えていたのが問題になった。猫と違って犬はちゃんと躾けないと共存が難しい。俺は交替勤務なので昼間に寝なければならず、生活に支障を来すだろうことは容易に想像できた。それにしても何が不満でああも吠え続けるのだろうと、最後の方は笑ってしまうくらいだった。あれでは台湾の野良犬の方がよほど紳士的だ。犬を飼うという行為は、一般的に考えられているよりも、技術的にかなり難しいことなのではないだろうか。
 今日の散歩は京王稲田堤から京王よみうりランドまで。当初は南武線の矢野口まで歩くつもりだったが、稲田堤付近の猫がまったく見当たらず、このままでは休載になると思い、途中で目的地を変更した。
 1匹目はとある猫民家で見かけたキジ白。
川崎市の猫

 一旦引いたら様子を見に出てきた。こうした猫との駆け引きはとても面白い。
川崎市の猫

川崎市の猫

 で、近寄るとまた引っ込んでしまう。ちなみにここにはもう1匹、小麦色の相方がいるが、最近しばらく見ていない。
川崎市の猫

 こちらも既知の猫民家。今日は黒っぽいのが斥候に出ていた。
川崎市の猫

 黒じゃなくてサビだった。額の紋章がカッコいい。
川崎市の猫

 二毛の模様は、O遺伝子が発現する茶色と、X染色体の不活性化により発現するa遺伝子の黒(またはA遺伝子のキジ色)のモザイク状態で、これらは完全にランダムに起きると思うんだが、多くの場合、二毛の模様には規則性がある。額の紋章もたまに見かける特徴の一つ(一例)。
川崎市の猫

 天気の割には淋しい散歩だったが、土壇場になって立て続けに会えた。目的地を変えて正解だった。
稲城市の猫

稲城市の猫

 きれいな鉢割れのキジ白。今日はこれで最後かなと思っていたら……、
稲城市の猫

稲城市の猫

 地面に現れたのは親子か兄妹か。いつものコースを少し外れるだけで、こうした出会いがあるから猫散歩は楽しい。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP