梅雨の使者


国立市の猫

 今夜の夜勤は長大報告書を纏めなければならないので、猫の方はさらっと軽めに紹介しとく。歩いたコースは分倍河原から谷保までで、道中見かけたのは4匹。そのほか稲田堤で乗り換える時にも、瓢簞横丁でいつものキジトラに会った。最高気温は25.8℃とさほどでもなかったが、晴れ渡って日差しが強く、猫探しには不利な気象条件だった。
 分倍河原から西府まではからっきし。道中いくつかある古墳にも猫影はまったくなく、歩き始めてから40分経って、ようやく1匹目に遭遇した。いつもは欄干に乗っかっている猫マンションのキジトラが、今日は地面に下りていた。
府中市の猫

府中市の猫

 フェンスの隙間からこんにちは。たぶん4回目ぐらいだけど覚える気なさそうだね。
府中市の猫

 谷保駅近くの猫拠点。日陰に潜む猫の気配が分かるかな。
国立市の猫

 「お前が長く猫を覗くならば、猫もまた等しくお前を見返すのだ」
国立市の猫

 潜んでいたのはニーチェじゃなくて二毛。
国立市の猫

 スクーター二毛がいるなら相方もいるはずと思って心当たりの路地を覗くと、ちょうど巡回から戻ってきたところだった。
国立市の猫

国立市の猫

 俺には見えない経路を通って、ねぐらの裏庭に落ち着いた。手前にはお友達のキジ白もいた。
国立市の猫

国立市の猫

 光線的に、ものすごく撮影しにくい位置関係。
国立市の猫

 「もうすぐ紫陽花の季節が始まるよ」
川崎市の猫

 そう教えてくれたのは稲田堤のキジトラ。
川崎市の猫

 週が明けたら天気は崩れそうだ。そのまま梅雨に入るかも知れない。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 大田区の猫
  2. 鶴ヶ島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 調布市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  2. 小金井市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP